Red Hat Enterprise Linux:公式リポジトリを有効化

info Nessus プラグイン ID 149983
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストは、1つ以上の公式Red Hatリポジトリを使用してパッケージをインストールしています。

説明

リモートホストは、1つ以上の公式Red Hatリポジトリを使用してパッケージをインストールしています。
これらのリポジトリは、Red Hat OSパッケージレベル評価のセキュリティアドバイザリと組み合わせて使用され、パッケージのバージョンの脆弱性の範囲をチェックする前に、関連するリポジトリがインストールされているかどうかが判断されます。

関連情報

https://www.redhat.com/security/data/metrics/repository-to-cpe.json

プラグインの詳細

深刻度: Info

ID: 149983

ファイル名: redhat_repos.nasl

バージョン: 1.1

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/5/26

更新日: 2021/5/26

依存関係: ssh_get_info.nasl

脆弱性情報

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled