Apache Tomcat 10.0.0.M1< 10.0.0.M10の複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 150937

概要

リモートのApache Tomcatサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされているTomcatのバージョンは10.0.0.M10より前です。したがって、fixed_in_apache_tomcat_10.0.2_security-10のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- NTFSファイルシステムを使用しているネットワークロケーションからリソースを提供する際、Apache Tomcatバージョン10.0.0-M1から10.0.0-M9、9.0.0.M1から9.0.39、8.5.0から8.5.59、および7.0.0から7.0.106は、一部の構成においてJSPソースコードの漏洩の影響を受けやすくなっていました。根本原因は、JRE API File.getCanonicalPath()の予期しない動作でした。これは、一部の環境で、Windows API(FindFirstFileW)が同様に一貫性のない動作をすることによって引き起こされていました。 (CVE-2021-24122)

- バグ64830の調査中に、Apache Tomcat 10.0.0-M1から10.0.0-M9、9.0.0-M1から9.0.39および8.5.0から8.5.59が、後続のストリームに関連するリクエストに対するHTTP/2接続で受信した以前のストリームのHTTPリクエストヘッダー値を再利用する可能性があることが発見されました。これにより、エラーおよびHTTP/2接続の切断が発生する可能性が高いですが、リクエスト間で情報が漏洩する可能性があります。(CVE-2020-17527)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Apache Tomcatバージョン10.0.0.M10以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?32f44cf1

https://bz.apache.org/bugzilla/show_bug.cgi?id=64830

http://www.nessus.org/u?5bd634bb

http://www.nessus.org/u?0856ba95

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 150937

ファイル名: tomcat_10_0_0_M10.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: combined

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: Web Servers

公開日: 2021/6/21

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-17527

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:apache:tomcat

必要な KB アイテム: installed_sw/Apache Tomcat

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

脆弱性公開日: 2020/11/19

参照情報

CVE: CVE-2020-17527, CVE-2021-24122

IAVA: 2020-A-0570-S