SonicWall SonicOSのバッファオーバーフロー(SNWLID-2021-0006)

high Nessus プラグイン ID 150981

概要

リモートホストは、一部のメモリの漏洩につながる、バッファオーバーフロー脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョン番号によると、リモートのSonicWallファイアウォールは、バッファオーバーフローの脆弱性の影響を受けるSonicOSのバージョンを実行しています。SonicOSの脆弱性。細工された認証されていないHTTPリクエストを送信すると、HTTPサーバー応答によって一部のメモリが漏洩します。このため、内部機密データの漏洩の脆弱性が発生する可能性があります。この脆弱性の影響を受けるのは、SonicOS Gen 6バージョン6.5.4.7-83n、6.5.1.12-3n、6.0.5.3-94o、SonicOSv 6.5.4.4-44v-21-955、ならびにGen 7バージョン7.0.0-R713以前、7.0.1-R1036以前、およびSonicOS - 7.0.0.376以下です。

Nessusはこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

ベンダーセキュリティアドバイザリに記載されている、対応する修正済みバージョンにアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?4e42eda8

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 150981

ファイル名: sonicwall_SNWLID-2021-0006.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: combined

ファミリー: Firewalls

公開日: 2021/6/24

更新日: 2021/6/30

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-20019

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:sonicwall:sonicos

必要な KB アイテム: Host/OS

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/6/22

脆弱性公開日: 2021/6/22

参照情報

CVE: CVE-2021-20019