openSUSE 15 セキュリティ更新:opera (openSUSE-SU-2021:0949-1)

high Nessus プラグイン ID 151278

言語:

概要

リモートのSUSEホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの SUSE Linux SUSE15ホストには、openSUSE-SU-2021:0949-1のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 91.0.4472.101 より前の Google Chrome の BFCache でのメモリ解放後使用 (Use After Free) により、リモートの攻撃者が、細工された HTML ページを介してヒープ破損を悪用する可能性がありました。(CVE-2021-30544)

- 91.0.4472.101 より前の Google Chrome のExtensions のメモリ解放後使用 (Use After Free) により、レンダラープロセスを侵害したリモートの攻撃者が、細工された HTML ページを介してヒープ破損を悪用することが可能でした。
(CVE-2021-30545)

- 91.0.4472.101 より前の Google Chrome の Autofill でのメモリ解放後使用 (Use After Free) により、リモートの攻撃者が、細工された HTML ページを介してヒープ破損を悪用する可能性がありました。(CVE-2021-30546)

- 91.0.4472.101より前のGoogle ChromeでのANGLEの領域外書き込みにより、リモートの攻撃者が、細工されたHTMLページを介して、領域外メモリアクセスを実行する可能性がありました。(CVE-2021-30547)

- 91.0.4472.101 より前の Google Chrome の Loader でのメモリ解放後使用 (Use After Free) により、リモートの攻撃者が、細工された HTML ページを介してヒープ破損を悪用する可能性がありました。(CVE-2021-30548)

- 91.0.4472.101 より前の Google Chrome のスペルチェックのメモリ解放後使用 (Use After Free) により、ユーザーを騙して悪意ある拡張機能をインストールさせた攻撃者が、細工された HTML ページを介してヒープ破損を悪用する可能性がありました。
(CVE-2021-30549)

- 91.0.4472.101 より前の Google Chrome の Accessibility のメモリ解放後使用 (Use After Free) により、ユーザーを騙して悪意ある拡張機能をインストールさせた攻撃者が、細工された HTML ページを介してヒープ破損を悪用する可能性がありました。
(CVE-2021-30550)

- 91.0.4472.101 より前の Google Chrome の V8 での型の取り違え (Type Confusion) により、リモートの攻撃者が、細工された HTML ページを介してヒープ破損を悪用する可能性がありました。(CVE-2021-30551)

- 91.0.4472.101 より前の Google Chrome の Extensions のメモリ解放後使用(Use-After-Free)により、ユーザーを騙して悪意ある拡張機能をインストールさせた攻撃者が、細工された HTML ページを介してヒープ破損を悪用する可能性がありました。
(CVE-2021-30552)

- 91.0.4472.101 より前の Google Chrome の Network サービスでのメモリ解放後使用 (Use After Free) により、リモートの攻撃者が、細工された HTML ページを介してヒープ破損を悪用する可能性がありました。(CVE-2021-30553)

- WebGL におけるメモリ解放後使用 (Use After Free)。(CVE-2021-30554)

- Sharing におけるメモリ解放後使用 (Use After Free)。(CVE-2021-30555)

- WebAudio におけるメモリ解放後使用 (Use After Free)。(CVE-2021-30556)

- TabGroups におけるメモリ解放後使用 (Use After Free)。(CVE-2021-30557)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける opera パッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?bf2e46c2

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30544

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30545

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30546

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30547

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30548

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30549

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30550

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30551

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30552

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30553

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30554

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30555

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30556

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-30557

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 151278

ファイル名: openSUSE-2021-949.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/7/2

更新日: 2022/1/18

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-30557

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 8.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:opera, cpe:/o:novell:opensuse:15.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2021/7/1

脆弱性公開日: 2021/6/9

CISAの既知の悪用日: 2021/11/17

参照情報

CVE: CVE-2021-30544, CVE-2021-30545, CVE-2021-30546, CVE-2021-30547, CVE-2021-30548, CVE-2021-30549, CVE-2021-30550, CVE-2021-30551, CVE-2021-30552, CVE-2021-30553, CVE-2021-30554, CVE-2021-30555, CVE-2021-30556, CVE-2021-30557

IAVA: 2021-A-0293-S