IBM DB2 11.5 < 11.5.6 FP0複数の脆弱性(UNIX)

high Nessus プラグイン ID 151352

概要

リモートのデータベースサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます

説明

バージョンによると、リモートホストで実行されている IBM DB2は 11.5.6FP0より前の11.5です。そのため、以下を含む複数の脆弱性による影響を受けます:
-IBM DB2は欠陥の影響を受け、認証されていないローカルユーザーが、データベースの構成にアクセスして変更を行う可能性があります。これは、シンボリックリンクの競合状態が原因です。(CVE-2020-4885)

-グループ権限が不適切なため、任意のファイル書き込みの脆弱性がIBM DB2にあります。認証されたリモートの攻撃者がこれを悪用して、リモートホストで任意のファイルを書き込む可能性があります。
(CVE-2020-4945)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

IBM DB2バージョンを 11.5.6 FP0以降に更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?fd7b2203

https://www.ibm.com/support/pages/node/6466363

https://www.ibm.com/support/pages/node/6466367

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 151352

ファイル名: db2_6466367_nix.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

ファミリー: Databases

公開日: 2021/7/2

更新日: 2021/7/5

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2020-4945

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.1

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:N/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.1

Temporal Score: 7.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:ibm:db2

必要な KB アイテム: installed_sw/DB2 Server

除外される KB アイテム: SMB/db2/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/6/23

脆弱性公開日: 2021/6/23

参照情報

CVE: CVE-2020-4885, CVE-2020-4945

IAVB: 2021-B-0038