Oracle Linux 8:ruby:2.6(ELSA-2021-2588)

high Nessus プラグイン ID 151449

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 8ホストに、ELSA-2021-2588アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Rubyの2.4~2.4.9、2.5~2.5.7、および2.6~2.6.5で使用されているように、Ruby用の2.2.0以前のJSON gemには、安全ではないオブジェクト作成の脆弱性があります。これは、CVE-2013-0269と非常によく似ていますが、Ruby内の貧弱なガベージコレクション動作に依存しません。特に、JSON解析メソッドを使用すると、インタープリター内に悪意のあるオブジェクトが作成され、アプリケーションによって異なる悪影響が及ぶ可能性があります。(CVE-2020-10663)

- Rubyの2.4.7以前、2.5.x~2.5.6、および2.6.x~2.6.4では、File.fnmatch関数内でパスチェックが誤って処理されます。(CVE-2019-15845)

- WEBrick: :HTTPAuth: :DigestAuth(Rubyの2.4.7以前、2.5.x~2.5.6、および2.6.x~2.6.4)では、ループ/バックトラックによる正規表現サービス拒否が発生します。被害者は、DigestAuthを使用するWEBrickサーバーをインターネットまたは信頼できないネットワークにさらさなければなりません。(CVE-2019-16201)

- Rubyの2.4.7以前、2.5.x〜2.5.6、および2.6.x〜2.6.4では、HTTP応答分割が可能です。WEBrickを使用するプログラムが信頼できない入力を応答ヘッダーに挿入すると、攻撃者が、これを悪用して、改行文字を挿入してヘッダーを分割し、悪意のあるコンテンツを挿入してクライアントをだます可能性があります。注:この問題が存在するのは、 CVE-2017-17742修正が不完全なためです。CRLFベクトルは対処されていますが、孤立したCRまたは孤立したLFは対処されていません。(CVE-2019-16254)

- Rubyの2.4.7以前、2.5.x~2.5.6、および2.6.x~2.6.4では、lib/shell.rb内のShell#[]またはShell#testの最初の引数(別名コマンド引数)が信頼できないデータの場合に、コードインジェクションが可能になります。攻撃者が、これを悪用して、任意のRubyメソッドを呼び出す可能性があります。(CVE-2019-16255)

- Ruby 2.5.8以前、2.6.xから2.6.6、および2.7.xから2.7.1で問題が見つかりました。Rubyにバンドルされている簡易HTTPサーバーであるWEBrickは、転送エンコーディングヘッダーの値を厳密にチェックしていませんでした。攻撃者はこの問題を悪用して、リバースプロキシ(ヘッダーチェックが不適切)をバイパスし、HTTPリクエストスマグリング攻撃を引き起こす可能性があります。(CVE-2020-25613)

- Ruby 2.5.xから2.5.7、2.6.xから2.6.5、および2.7.0で問題が見つかりました。被害者がBasicSocket#read_nonblock(requested_size, buffer, exception: false)を呼び出すと、このメソッドはリクエストされたサイズに収まるようにバッファのサイズを変更しますが、データはコピーされません。したがって、バッファ文字列はヒープの以前の値を示します。これにより、インタープリターから機密データが漏洩する可能性があります。(CVE-2020-10933)

- 3.2.5より前のREXML gemが、2.6.7より前、2.7.3より前の2.7.x、および3.0.1より前の3.xのRubyで、XMLラウンドトリップの問題を適切に対処しません。解析およびシリアル化の後に不適切なドキュメントが生成される可能性があります。(CVE-2021-28965)

-2.1.0より前のBundlerは、/tmp/で予測可能なパスを使用しますが、これはユーザーのホームディレクトリ下の場所が利用できない場合、gemsの保存場所として、安全でない権限で作成されます。ユーザーが書き込み可能なホームディレクトリを持たないシナリオでBundlerが使用されると、攻撃者がこのディレクトリに悪意のあるコードを配置し、その後にロードして実行する可能性があります。(CVE-2019-3881)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2021-2588.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 151449

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2021-2588.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/7/7

更新日: 2021/7/7

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-16255

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.1

Temporal Score: 7.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:8, p-cpe:/a:oracle:linux:ruby, p-cpe:/a:oracle:linux:ruby-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:ruby-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:ruby-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-abrt, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-abrt-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-bigdecimal, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-bson, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-bson-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-bundler, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-did_you_mean, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-io-console, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-irb, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-json, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-minitest, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-mongo, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-mongo-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-mysql2, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-mysql2-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-net-telnet, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-openssl, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-pg, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-pg-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-power_assert, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-psych, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-rake, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-rdoc, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-test-unit, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygem-xmlrpc, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygems, p-cpe:/a:oracle:linux:rubygems-devel

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/7/7

脆弱性公開日: 2019/11/26

参照情報

CVE: CVE-2019-3881, CVE-2019-15845, CVE-2019-16201, CVE-2019-16254, CVE-2019-16255, CVE-2020-10663, CVE-2020-10933, CVE-2020-25613, CVE-2021-28965