IBM DB2 9.7 < 9.7 / 10.1 < 10.1 / 10.5 < 10.5 / 11.1 < 11.1.4 / 11.5 < 11.5.6 の複数の脆弱性(Unix)

medium Nessus プラグイン ID 151458

概要

リモートのデータベースサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告されたバージョン番号によると、IBM Db2は、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。

-IBM Db2 for Linux、UNIX、およびWindowsでは、認証されていない攻撃者が、別のセッションでアクセスされている際にドロップされるテーブルの特定の状況が原因で、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2021-29777)

-IBM Db2 db2fmは、AUTO_REVALがDEFFERED_FORCEに設定されている場合、ビューまたはインラインSQL関数を作成できるユーザーが機密情報を取得できるため、情報漏洩に脆弱です。(CVE-2021-20579)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

お使いのブランチの最新のFix Packレベルに基づいて、適切なIBM DB2 Fix PackまたはSpecial Buildを適用してください。

関連情報

https://www.ibm.com/support/pages/node/6466369

https://www.ibm.com/support/pages/node/6466373

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 151458

ファイル名: db2_6466369_nix.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

ファミリー: Databases

公開日: 2021/7/8

更新日: 2021/8/12

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-20579

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 3.5

Temporal Score: 2.6

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:ibm:db2

必要な KB アイテム: installed_sw/DB2 Server

除外される KB アイテム: SMB/db2/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/6/23

脆弱性公開日: 2021/6/23

参照情報

CVE: CVE-2021-20579, CVE-2021-29777