Mozilla Firefox < 90.0

critical Nessus プラグイン ID 151572
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのmacOSまたはMac OS XホストにインストールされているWebブラウザは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートのmacOSまたはMac OS XホストにインストールされているFirefoxのバージョンは、90.0より前のものです。したがって、mfsa2021-28のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- 悪意のあるウェブページがメモリ解放後使用(Use-After-Free)、メモリ破損、および悪用される可能性があるクラッシュを引き起こす可能性があります。アクセシビリティが有効になっている場合、このバグはFirefoxにのみ影響を与えました。(CVE-2021-29970)

- ユーザーがWebページへのアクセス許可を付与し、そのアクセス許可を保存した場合の同じホストで実行されているすべてのWebページ
- スキームやポートに関係なく、許可されます。このバグはAndroid版Firefoxにのみ影響します。その他のオペレーティングシステムは影響を受けません。(CVE-2021-29971)

ANGLEでの領域外書き込みにより、攻撃者がメモリを破損させ、悪用される可能性があるクラッシュがひきおこされる可能性があります。(CVE-2021-30547)

- テストにより、メモリ解放後使用(use-after-free)の脆弱性が見つかり、旧式のCairoライブラリにトレースされます。
ライブラリを更新すると問題が解決し、他の未知のセキュリティの脆弱性をも修正した可能性があります。(CVE-2021-29972)

Android版Firefox上の安全でないWebサイトでは、ユーザーの操作なしでパスワードの自動入力が有効になりました。これは修正され、ブラウザの自動入力機能によってユーザーのパスワードが入力される前に、ユーザーがページを操作する必要があるようになりました。このバグはAndroid版Firefoxにのみ影響します。その他のオペレーティングシステムは影響を受けません。(CVE-2021-29973)

- 例えば、強化された追跡保護設定の結果として、ネットワークパーティショニングが有効になっている場合、TLSエラーページを使用すると、ユーザーはHTTP Strict Transport Securityを指定したドメインのエラーを上書きできてしまいます(これはエラーが上書きされるべきではないということです)。この問題はネットワーク接続に影響を与えず、HTTPSに自動的に正しくアップグレードされました。(CVE-2021-29974)

- 一連のDOM操作を通じて、攻撃者がテキストを制御できるものの、HTMLやフォーマットは制御できないメッセージは、別のドメイン上にオーバーレイされる可能性があり(新しいドメインがアドレスバーに正しく表示される)、ユーザーを混乱させる可能性があります。(CVE-2021-29975)

- Mozillaの開発者である、Emil Ghitta氏、Tyson Smith氏、Valentin Gosu氏、Olli Pettay氏、およびRandell Jesup氏が、Firefox 89およびFirefox ESR78.11にメモリの安全性のバグがあると報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、十分な労力をもってすればこれらの一部を悪用し、任意のコードを実行することが可能であると推測しています。(CVE-2021-29976)

- Mozilla開発者のAndrew McCreight氏、Tyson Smith氏、Christian Holler氏、およびGabriele Svelto氏が、Firefox 89に存在するメモリの安全性に関するバグを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、十分な労力をもってすればこれらの一部を悪用し、任意のコードを実行することが可能であると推測

ソリューション

Mozilla Firefoxをバージョン90.0以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2021-28/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 151572

ファイル名: macos_firefox_90_0.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: macosx

公開日: 2021/7/13

更新日: 2021/8/12

依存関係: macosx_firefox_installed.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-29977

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mozilla:firefox

必要な KB アイテム: MacOSX/Firefox/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/7/13

脆弱性公開日: 2021/6/8

参照情報

CVE: CVE-2021-29970, CVE-2021-29971, CVE-2021-29972, CVE-2021-29973, CVE-2021-29974, CVE-2021-29975, CVE-2021-29976, CVE-2021-29977, CVE-2021-30547

IAVA: 2021-A-0293-S, 2021-A-0309-S