Apple iOS < 13.1複数の脆弱性(HT210603)

critical Nessus プラグイン ID 151621

概要

モバイルデバイスで実行中のApple iOSのバージョンは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

モバイルデバイスで実行中のApple iOSのバージョンは、13.1より前です。そのため、以下を含む複数の脆弱性による影響を受けます:

- メモリ破損の脆弱性は、ロッキングを改善することで対処されました。この問題は、iOS 13.1、iPadOS 13.1、watchOS 6、tvOS 13で修正されています。- アプリケーションがカーネル権限で任意のコードを実行できる可能性があります。(CVE-2019-8740)

- メモリ破損の問題が、メモリ処理を改善することで対処されました。この問題は、macOS Catalina 10.15、iOS 13.1とiPadOS 13.1、tvOS 13、macOS Catalina 10.15.1、セキュリティ更新 2019-001、とセキュリティ更新2019-006、watchOS 6で修正されています。アプリケーションは、システム権限で任意のコードを実行することができる場合があります。(CVE-2019-8831)

- メモリ破損の脆弱性は、ロッキングを改善することで対処されました。この問題はwatchOS 6.1で修正されています。
- アプリケーションがカーネル権限で任意のコードを実行できる可能性があります。(CVE-2019-8747)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Apple iOSバージョン13.1以降にアップグレードしてください

関連情報

https://support.apple.com/en-us/HT210603

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 151621

ファイル名: apple_ios_131_check.nbin

バージョン: 1.13

タイプ: local

ファミリー: Mobile Devices

公開日: 2021/7/14

更新日: 2022/11/30

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 7.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-8831

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:P/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-8750

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:apple:iphone_os

必要な KB アイテム: mdm/dependency/unlocked

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2019/9/24

脆弱性公開日: 2019/9/24

参照情報

CVE: CVE-2019-8706, CVE-2019-8710, CVE-2019-8740, CVE-2019-8743, CVE-2019-8747, CVE-2019-8750, CVE-2019-8751, CVE-2019-8752, CVE-2019-8762, CVE-2019-8763, CVE-2019-8765, CVE-2019-8766, CVE-2019-8769, CVE-2019-8773, CVE-2019-8774, CVE-2019-8775, CVE-2019-8780, CVE-2019-8799, CVE-2019-8809, CVE-2019-8831, CVE-2019-8850, CVE-2019-8901, CVE-2020-9932

APPLE-SA: APPLE-SA-2019-9-26-8, HT210603

IAVA: 2020-A-0430-S