Oracle Linux 7:thunderbird(ELSA-2021-2881)

high Nessus プラグイン ID 152095

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 7ホストに、ELSA-2021-2881アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 悪意のあるウェブページがメモリ解放後使用(Use-After-Free)、メモリ破損、および悪用される可能性があるクラッシュを引き起こす可能性があります。アクセシビリティが有効になっている場合、このバグはFirefoxにのみ影響を与えました。(CVE-2021-29970)

- Mozillaの開発者である、Emil Ghitta氏、Tyson Smith氏、Valentin Gosu氏、Olli Pettay氏、およびRandell Jesup氏が、Firefox 89およびFirefox ESR78.11にメモリの安全性のバグがあると報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、十分な労力をもってすればこれらの一部を悪用し、任意のコードを実行することが可能であると推測しています。(CVE-2021-29976)

- 91.0.4472.101より前のGoogle ChromeでのANGLEの領域外書き込みにより、リモートの攻撃者が、細工されたHTMLページを介して、領域外メモリアクセスを実行する可能性がありました。(CVE-2021-30547)

ThunderbirdがIMAP接続にSTARTTLSを使用するように構成されていて、攻撃者がSTARTTLSハンドシェイクの完了前にIMAPサーバーの応答を挿入した場合、Thunderbirdは挿入されたデータを無視しませんでした。これによりThunderbirdが誤った情報を表示する可能性がありました。例えば、攻撃者はThunderbirdをだまして、IMAPサーバーに存在しないフォルダを表示させた可能性があります。(CVE-2021-29969)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるthunderbirdパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2021-2881.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 152095

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2021-2881.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/7/27

更新日: 2021/8/12

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-30547

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:7, p-cpe:/a:oracle:linux:thunderbird

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/7/26

脆弱性公開日: 2021/6/8

参照情報

CVE: CVE-2021-29969, CVE-2021-29970, CVE-2021-29976, CVE-2021-30547

IAVA: 2021-A-0309-S, 2021-A-0293-S