CODESYS V2 Webサーバーの不適切な実装セキュリティチェック(2021-07)

critical Nessus プラグイン ID 152098

概要

CODESYS V2 Webサーバーには不適切に実装されたセキュリティチェックがあります。

説明

リモートのCODESYS V2 Webサーバーには不適切に実装されたセキュリティチェックがあります。細工されたWebサーバーリクエストが、CODESYS Controlランタイムシステム上の起動プロジェクト関連ファイルのセキュリティチェックをバイパスし、CODESYS Controlランタイムシステムからそれらをアップロードする可能性があります。

ソリューション

CODESYS V2 Webサーバーを1.1.9.20以降にアップグレードしてください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?d28644c1

https://us-cert.cisa.gov/ics/advisories/icsa-21-173-02

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 152098

ファイル名: scada_codesys_2021-07.nbin

バージョン: 1.50

タイプ: remote

ファミリー: SCADA

公開日: 2021/7/27

更新日: 2024/5/20

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.5

現状値: 5.5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2021-30192

CVSS v3

リスクファクター: Critical

基本値: 9.8

現状値: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: x-cpe:/a:codesys:v2_web_server

必要な KB アイテム: installed_sw/CODESYS V2 Web Server

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/5/11

脆弱性公開日: 2021/6/29

参照情報

CVE: CVE-2021-30192

ICSA: 21-173-02