Ubuntu 18.04 LTS/20.04 LTS/21.04:WebKitGTK+の脆弱性(USN-5024-1)

high Nessus プラグイン ID 152135

概要

リモートUbuntuホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートのUbuntu 18.04 LTS/20.04 LTS/21.04ホストには、USN-5024-1のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- WebkitWebKitGTK2.30.4のImageLoaderオブジェクトに対して特定のイベントが処理される方法にメモリ解放後使用(Use-After-Free)の脆弱性があります。特別に細工されたWebページにより、潜在的な情報漏洩およびさらなるメモリ破損が引き起こされる可能性があります。この脆弱性をトリガーするには、被害者が誘導されて悪意のあるWebページにアクセスする必要があります。(CVE-2021-21775)

Webkits GraphicsContextがWebKitGTK 2.30.4の特定のイベント処理する方法にメモリ解放後使用(Use-After-Free)の脆弱性が存在しています。特別に細工されたWebページにより、潜在的な情報漏洩およびさらなるメモリ破損が引き起こされる可能性があります。この脆弱性をトリガーするには、被害者が誘導されて悪意あるWebページにアクセスする必要があります。
(CVE-2021-21779)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://ubuntu.com/security/notices/USN-5024-1

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 152135

ファイル名: ubuntu_USN-5024-1.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/7/28

更新日: 2022/1/20

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 8.1

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-30799

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 8.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:18.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:20.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:21.04, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:gir1.2-javascriptcoregtk-4.0, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:gir1.2-webkit2-4.0, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libjavascriptcoregtk-4.0-18, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libjavascriptcoregtk-4.0-bin, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libjavascriptcoregtk-4.0-dev, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libwebkit2gtk-4.0-37, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libwebkit2gtk-4.0-37-gtk2, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libwebkit2gtk-4.0-dev, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:webkit2gtk-driver

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2021/7/28

脆弱性公開日: 2021/4/29

CISAの既知の悪用日: 2021/11/17

参照情報

CVE: CVE-2021-21775, CVE-2021-21779, CVE-2021-30663, CVE-2021-30665, CVE-2021-30689, CVE-2021-30720, CVE-2021-30734, CVE-2021-30744, CVE-2021-30749, CVE-2021-30758, CVE-2021-30795, CVE-2021-30797, CVE-2021-30799

USN: 5024-1