Oracle Linux 7:カーネル(ELSA-2021-3327)

high Nessus プラグイン ID 152978

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 7ホストに、ELSA-2021-3327アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 5.11.11より以前のLinuxカーネルに問題が発見されました。netfilterサブシステムでは、net/netfilter/x_tables.cとinclude/linux/netfilter/x_tables.hが新しいテーブル値の割り当て時に完全なメモリバリアを欠いているため、攻撃者がサービス拒否(パニック)を引き起こす可能性があります(別名CID-175e476b8cdf)。
(CVE-2021-29650)

- 5.11.12までのLinuxカーネルでのBPF JITコンパイラには、カーネルコンテキスト内で任意のコードを実行することができ、分岐変位の不正確な計算があります。これは、arch/x86/net/bpf_jit_comp.cおよびarch/x86/net/bpf_jit_comp32.cに影響を与えます。(CVE-2021-29154)

- RTASがカーネル通信に対するユーザー空間のメモリアクセスを処理する方法で、欠陥が見つかりました。PowerVMまたはKVMハイパーバイザー(pseriesプラットフォーム)上で実行されているロックダウンされた(通常はセキュアブートによる)ゲストシステムでは、ローカルユーザーのようなルートがこの欠陥を利用して、カーネルを実行する権限にまで昇格する可能性があります。(CVE-2020-27777)

- 5.12.2までのLinuxカーネルのnet/bluetooth/hci_request.cには競合状態があり、HCIコントローラーが除去されます。(CVE-2021-32399)

- v2.6.19-rc1以降のLinuxがnet/netfilter/x_tables.cで発見されるヒープ領域外書き込み。
これにより、攻撃者が特権を得るか、ユーザー名の空間を介してのDoS(ヒープメモリの破損経由)を引き起こすことができます(CVE-2021-22555)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2021-3327.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 152978

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2021-3327.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/9/2

更新日: 2021/10/7

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-29154

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:7, p-cpe:/a:oracle:linux:bpftool, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools-libs-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:perf, p-cpe:/a:oracle:linux:python-perf

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2021/8/31

脆弱性公開日: 2020/12/10

エクスプロイト可能

Metasploit (Netfilter x_tables Heap OOB Write Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2020-27777, CVE-2021-22555, CVE-2021-29154, CVE-2021-29650, CVE-2021-32399