Microsoft Office製品のセキュリティ更新プログラム(2021年9月)

high Nessus プラグイン ID 153387

概要

Microsoft Office製品は、複数の脆弱性の影響を受けています。

説明

Microsoft Office製品にセキュリティ更新プログラムがありません。そのため、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。

- セッションスプーフィングの脆弱性が存在します。攻撃者がこれを悪用し、別のユーザーの権限で操作を実行する可能性があります。(CVE-2021-38650)

- リモートコード実行の脆弱性。攻撃者がこれを悪用して認証をバイパスし、認証されていない任意のコマンドを実行する可能性があります。(CVE-2021-38646、CVE-2021-38655、CVE-2021-38658、CVE-2021-38659、CVE-2021-38660)

- グラフィックコンポーネントの情報漏洩の脆弱性。攻撃者はこれを悪用して、機密情報を漏洩することができます。(CVE-2021-38657)

ソリューション

Microsoftはこの問題を解決するために、以下のセキュリティ更新プログラムをリリースしています。
-KB4484103
-KB4484108
-KB5001958
-KB5001997
-KB5002005
-KB5002007

Office 365、Office 2016 C2R、Office 2019の場合は、自動更新が有効になっていることを確認するか、任意のOfficeアプリを開いて手動で更新を実行します。

関連情報

http://www.nessus.org/u?7e88251c

http://www.nessus.org/u?9165ee58

http://www.nessus.org/u?bb69974a

http://www.nessus.org/u?babcfa70

http://www.nessus.org/u?3116725f

http://www.nessus.org/u?2e7bac28

http://www.nessus.org/u?42ab6861

http://www.nessus.org/u?fd4508ff

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 153387

ファイル名: smb_nt_ms21_sep_office.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2021/9/14

更新日: 2022/3/29

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-38660

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:office

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2021/9/14

脆弱性公開日: 2021/9/14

CISAの既知の悪用日: 2022/4/18

参照情報

CVE: CVE-2021-38646, CVE-2021-38650, CVE-2021-38655, CVE-2021-38657, CVE-2021-38658, CVE-2021-38659, CVE-2021-38660

MSKB: 4484103, 4484108, 5001958, 5001997, 5002005, 5002007

MSFT: MS21-4484103, MS21-4484108, MS21-5001958, MS21-5001997, MS21-5002005, MS21-5002007

IAVA: 2021-A-0428-S, 2021-A-0425-S