CentOS 8:mysql: 8.0(CESA-2021:3590)

medium Nessus プラグイン ID 153519
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのCentOSホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムが欠落しています。

説明

リモートのCentOS Linux 8ホストにインストールされているパッケージは、CESA-2021:3590アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- mysql: サーバー:ストアドプロシージャの詳細不明な脆弱性(CPU 2020年10月)(CVE-2020-14672)

- mysql: サーバー:FTSの詳細不明な脆弱性(CPU 2020年10月)(CVE-2020-14765、CVE-2020-14789、CVE-2020-14804)

- mysql: サーバー:オプティマイザーの詳細不明な脆弱性(CPU 2020年10月)(CVE-2020-14769、CVE-2020-14773、CVE-2020-14777、CVE-2020-14785、CVE-2020-14793、CVE-2020-14794、CVE-2020-14809、CVE-2020-14830、CVE-2020-14836、CVE-2020-14837、CVE-2020-14839、CVE-2020-14845、CVE-2020-14846、CVE-2020-14861、CVE-2020-14866、CVE-2020-14868、CVE-2020-14888、CVE-2020-14891、CVE-2020-14893)

- mysql: InnoDBの詳細不明な脆弱性(CPU 2020年10月)(CVE-2020-14775、CVE-2020-14776、CVE-2020-14791、CVE-2020-14821、CVE-2020-14829、CVE-2020-14848)

- mysql: サーバー:PSの詳細不明な脆弱性(CPU 2020年10月)(CVE-2020-14786、CVE-2020-14790、CVE-2020-14844)

- mysql: サーバー: セキュリティ:暗号化の詳細不明な脆弱性(CPU 2020年10月)(CVE-2020-14800)

- mysql: サーバー: ロックの詳細不明な脆弱性(CPU 2020年10月)(CVE-2020-14812)

- mysql: サーバー:DMLの詳細不明な脆弱性(CPU 2020年10月)(CVE-2020-14814、CVE-2020-14828)

- mysql: サーバー: セキュリティ:権限の詳細不明な脆弱性(CPU 2020年10月)(CVE-2020-14838)

- mysql: サーバー:チャーセットの詳細不明な脆弱性(CPU 2020年10月)(CVE-2020-14852)

- mysql: サーバー: セキュリティ:ロールの詳細不明な脆弱性(CPU 2020年10月)(CVE-2020-14860)

- mysql: サーバー:DDLの詳細不明な脆弱性(CPU 2020年10月)(CVE-2020-14867)

- mysql: サーバー:Xプラグインの詳細不明な脆弱性(CPU 2020年10月)(CVE-2020-14870)

- mysql: サーバー:ロギングの詳細不明な脆弱性(CPU 2020年10月)(CVE-2020-14873)

- mysql: サーバー:オプティマイザーの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年1月)(CVE-2021-2001、CVE-2021-2021、CVE-2021-2024、CVE-2021-2030、CVE-2021-2031、CVE-2021-2036、CVE-2021-2055、CVE-2021-2060、CVE-2021-2065、CVE-2021-2070、CVE-2021-2076)

- mysql: サーバー:レプリケーションの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年1月)(CVE-2021-2002)

- mysql: C APIの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年1月)(CVE-2021-2010、CVE-2021-2011)

- mysql: InnoDBの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年1月)(CVE-2021-2022、CVE-2021-2028、CVE-2021-2042、CVE-2021-2048)

- mysql: 情報スキーマの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年1月)(CVE-2021-2032)

- mysql: サーバー:コンポーネントサービスの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年1月)(CVE-2021-2038)

- mysql: サーバー:ストアドプロシージャの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年10月)(CVE-2021-2046、CVE-2021-2072、CVE-2021-2081)

- mysql: サーバー:DMLの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年1月)(CVE-2021-2056、CVE-2021-2087、CVE-2021-2088)

- mysql: サーバー:ロックの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年1月)(CVE-2021-2058)

- mysql: サーバー:DDLの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年1月)(CVE-2021-2061、CVE-2021-2122)

- mysql: サーバー:オプションの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年4月)(CVE-2021-2146)

- mysql: サーバー:オプティマイザーの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年4月)(CVE-2021-2164、CVE-2021-2169、CVE-2021-2170、CVE-2021-2193、CVE-2021-2203、CVE-2021-2212、CVE-2021-2213、CVE-2021-2230、CVE-2021-2278、CVE-2021-2298、CVE-2021-2299)

- mysql: サーバー:DMLの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年4月)(CVE-2021-2166、CVE-2021-2172、CVE-2021-2196、CVE-2021-2300、CVE-2021-2305)

- mysql: サーバー:レプリケーションの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年4月)(CVE-2021-2171、CVE-2021-2178、CVE-2021-2202)

- mysql: InnoDBの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年4月)(CVE-2021-2174、CVE-2021-2180、CVE-2021-2194)

- mysql: サーバー:グループレプリケーションプラグインの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年4月)(CVE-2021-2179、CVE-2021-2232)

- mysql: サーバー:パーティションの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年4月)(CVE-2021-2201、CVE-2021-2208)

- mysql: サーバー:ストアドプロシージャの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年4月)(CVE-2021-2215、CVE-2021-2217、CVE-2021-2293、CVE-2021-2304)

- mysql: サーバー:情報スキーマの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年4月)(CVE-2021-2226、CVE-2021-2301、CVE-2021-2308)

- mysql: サーバー:パッケージの詳細不明の脆弱性(CPU 2021年4月)(CVE-2021-2307)

- mysql: サーバー:DDLの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年1月)(CVE-2021-2339、CVE-2021-2352、CVE-2021-2399)

- mysql: サーバー:Memcachedの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年4月)(CVE-2021-2340)

- mysql: サーバー:オプティマイザーの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年7月)(CVE-2021-2342、CVE-2021-2357、CVE-2021-2367、CVE-2021-2383、CVE-2021-2384、CVE-2021-2387、CVE-2021-2410、CVE-2021-2412、CVE-2021-2418、CVE-2021-2425、CVE-2021-2426、CVE-2021-2427、CVE-2021-2437、CVE-2021-2441、CVE-2021-2444)

- mysql: サーバー:Federatedの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年7月)(CVE-2021-2354)

- mysql: サーバー:レプリケーションの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年7月)(CVE-2021-2356、CVE-2021-2385)

- mysql: サーバー:DMLの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年7月)(CVE-2021-2370、CVE-2021-2440)

- mysql: InnoDBの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年7月)(CVE-2021-2372、CVE-2021-2374、CVE-2021-2389、CVE-2021-2390、CVE-2021-2429)

- mysql: サーバー:ロックの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年7月)(CVE-2021-2402)

- mysql: サーバー:GISの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年7月)(CVE-2021-2417)

- mysql: サーバー:PSの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年7月)(CVE-2021-2422)

- mysql: サーバー:ストアドプロシージャの詳細不明な脆弱性(CPU 2021年10月)(CVE-2021-2424)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2021:3590

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 153519

ファイル名: centos8_RHSA-2021-3590.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/9/21

更新日: 2021/10/22

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-2417

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 8

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:P/I:P/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6

Temporal Score: 5.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:H/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:centos:centos:8-stream, p-cpe:/a:centos:centos:mecab, p-cpe:/a:centos:centos:mecab-ipadic, p-cpe:/a:centos:centos:mecab-ipadic-EUCJP, p-cpe:/a:centos:centos:mysql, p-cpe:/a:centos:centos:mysql-common, p-cpe:/a:centos:centos:mysql-devel, p-cpe:/a:centos:centos:mysql-errmsg, p-cpe:/a:centos:centos:mysql-libs, p-cpe:/a:centos:centos:mysql-server, p-cpe:/a:centos:centos:mysql-test

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/9/21

脆弱性公開日: 2019/8/6

参照情報

CVE: CVE-2020-14672, CVE-2020-14765, CVE-2020-14769, CVE-2020-14773, CVE-2020-14775, CVE-2020-14776, CVE-2020-14777, CVE-2020-14785, CVE-2020-14786, CVE-2020-14789, CVE-2020-14790, CVE-2020-14791, CVE-2020-14793, CVE-2020-14794, CVE-2020-14800, CVE-2020-14804, CVE-2020-14809, CVE-2020-14812, CVE-2020-14814, CVE-2020-14821, CVE-2020-14828, CVE-2020-14829, CVE-2020-14830, CVE-2020-14836, CVE-2020-14837, CVE-2020-14838, CVE-2020-14839, CVE-2020-14844, CVE-2020-14845, CVE-2020-14846, CVE-2020-14848, CVE-2020-14852, CVE-2020-14860, CVE-2020-14861, CVE-2020-14866, CVE-2020-14867, CVE-2020-14868, CVE-2020-14870, CVE-2020-14873, CVE-2020-14888, CVE-2020-14891, CVE-2020-14893, CVE-2021-2001, CVE-2021-2002, CVE-2021-2010, CVE-2021-2011, CVE-2021-2021, CVE-2021-2022, CVE-2021-2024, CVE-2021-2028, CVE-2021-2030, CVE-2021-2031, CVE-2021-2032, CVE-2021-2036, CVE-2021-2038, CVE-2021-2042, CVE-2021-2046, CVE-2021-2048, CVE-2021-2055, CVE-2021-2056, CVE-2021-2058, CVE-2021-2060, CVE-2021-2061, CVE-2021-2065, CVE-2021-2070, CVE-2021-2072, CVE-2021-2076, CVE-2021-2081, CVE-2021-2087, CVE-2021-2088, CVE-2021-2122, CVE-2021-2146, CVE-2021-2164, CVE-2021-2166, CVE-2021-2169, CVE-2021-2170, CVE-2021-2171, CVE-2021-2172, CVE-2021-2174, CVE-2021-2178, CVE-2021-2179, CVE-2021-2180, CVE-2021-2193, CVE-2021-2194, CVE-2021-2196, CVE-2021-2201, CVE-2021-2202, CVE-2021-2203, CVE-2021-2208, CVE-2021-2212, CVE-2021-2213, CVE-2021-2215, CVE-2021-2217, CVE-2021-2226, CVE-2021-2230, CVE-2021-2232, CVE-2021-2278, CVE-2021-2293, CVE-2021-2298, CVE-2021-2299, CVE-2021-2300, CVE-2021-2301, CVE-2021-2304, CVE-2021-2305, CVE-2021-2307, CVE-2021-2308, CVE-2021-2339, CVE-2021-2340, CVE-2021-2342, CVE-2021-2352, CVE-2021-2354, CVE-2021-2356, CVE-2021-2357, CVE-2021-2367, CVE-2021-2370, CVE-2021-2372, CVE-2021-2374, CVE-2021-2383, CVE-2021-2384, CVE-2021-2385, CVE-2021-2387, CVE-2021-2389, CVE-2021-2390, CVE-2021-2399, CVE-2021-2402, CVE-2021-2410, CVE-2021-2412, CVE-2021-2417, CVE-2021-2418, CVE-2021-2422, CVE-2021-2424, CVE-2021-2425, CVE-2021-2426, CVE-2021-2427, CVE-2021-2429, CVE-2021-2437, CVE-2021-2440, CVE-2021-2441, CVE-2021-2444

RHSA: 2021:3590

IAVA: 2020-A-0473-S, 2021-A-0038, 2021-A-0193, 2021-A-0333, 2021-A-0487