SUSE SLED12/ SLES12セキュリティ更新プログラム: sqlite3 (SUSE-SU-2021:3215-1)

critical Nessus プラグイン ID 153643

言語:

概要

リモートの SUSE ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの SUSE Linux SLED12/SLES12 ホストには、SUSE-SU-2021:3215-1 のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 3.8.9 より前の SQLite は、照合順番名のデクォートを適切に実装しません。これにより、コンテキスト依存の攻撃者が、細工された COLLATE 句を通じて、サービス拒否 (初期化されていないメモリアクセスとアプリケーションクラッシュ) を引き起こしたり、詳細不明の他の影響を及ぼす可能性があります。これは、SELECT ステートメントの最後の COLLATE によって実証されています。(CVE-2015-3414)

- 3.8.9 以前の SQLite の vdbe.c の sqlite3VdbeExec 関数 は、比較演算子を適切に実装しません。これにより、コンテキスト依存の攻撃者が、細工された CHECK 句を通じて、サービス拒否 (無効な解放オペレーション) を引き起こしたり、詳細不明な他の影響を与えたりする可能性があります。これは、CREATE TABLE ステートメントの CHECK(0&O;>O) によって実証されています。(CVE-2015-3415)

- 3.13.0 以前の SQLite の os_unix.c は、一時ディレクトリ検索アルゴリズムを不適切に実装しています。これにより、ローカルユーザーが機密情報を取得したり、サービス拒否 (アプリケーションクラッシュ) を引き起こしたり、一時ファイルの現在の作業ディレクトリの使用を利用することで詳細不明な他の影響を与えたりする可能性があります。
(CVE-2016-6153)

- 3.19.3 までの SQLite の ext/rtree/rtree.c の getNodeSize 関数が、GDAL や他の製品で使用されているように、細工されたデータベースのサイズ不足の RTree ブロブを誤って処理するため、ヒープベースのバッファオーバーリードが発生したり、詳細不明なその他の影響を引き起こしたりする可能性があります。(CVE-2017-10989)

- 特定の Apple 製品で問題が見つかりました。10.3.2 より前の iOS が影響を受けます。10.12.5 より前の macOS が影響を受けます。10.2.1 より前の tvOS が影響を受けます。3.2.2 より前の watchOS が影響を受けます。この問題は、SQLite コンポーネントに関連しています。これにより、リモート攻撃者が細工された SQL ステートメントを介して、任意のコードを実行したり、サービス拒否 (バッファオーバーフローとアプリケーションクラッシュ) を引き起こしたりする可能性があります (CVE-2017-2518)

- FTS3 拡張が有効な場合、3.25.3 より前の SQLite は FTS3 シャドーテーブルに対する細工された変更後に発生する FTS3 クエリで整数オーバーフロー (およびその結果生じるバッファオーバーフロー) に遭遇します。これにより、リモートの攻撃者が、任意の SQL ステートメントを実行する能力を利用して、任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2018-20346)

- 3.22.0 までの SQLite では、CREATE TABLE AS ステートメントを使用してスキーマが破損したデータベースにより、build.c と prepare.c に関連する NULL ポインターデリファレンスが発生する可能性があります。(CVE-2018-8740)

- 3.29.0までのSQLiteでは、sqlite_stat1 szフィールドの検証が行われない (別名: クエリプランナーの深刻なゼロ除算 ) ため、sqlite3.cのwhereLoopAddBtreeIndexがブラウザまたは他のアプリケーションをクラッシュさせる可能性があります。 (CVE-2019-16168 )

- SQLite 3.30.1 の select.c の sqlite3Select により、サブ選択が DISTINCT とウィンドウ関数の両方を使用し、特定の ORDER BY 使用がある場合、クラッシュが発生する可能性があります。(CVE-2019-19244)

- SQLite 3.30.1 の resolve.c の lookupName は、生成された列の場合に colUsed ビットマスクからビットを省略します。これにより、攻撃者がサービス拒否を引き起こしたり、詳細不明な他の影響を与えたりする可能性があります。
(CVE-2019-19317)

- SQLite 3.30.1 が、存在しない VIEW で特定の SELECT ステートメントを不適切に処理するため、アプリケーションがクラッシュします。(CVE-2019-19603)

- 3.30.1 までの SQLite の alter.c により、攻撃者が、ALTER TABLE ステートメントとともに特定のタイプの自己参照ビューを介して、無限再帰をトリガーする可能性があります。(CVE-2019-19645)

- 3.30.1 までの SQLite の pragma.c が、生成された列の特定のケースで、integrity_check PRAGMA コマンドの NOT NULL を不適切に処理します。(CVE-2019-19646)

- SQLite 3.30.1 の window.c の exprListAppendList では、ウィンドウ定義の ORDER BY 句の定数整数値が不適切に処理されるため、攻撃者が無効なポインターデリファレンスを発生させる可能性があります。(CVE-2019-19880)

- SQLite 3.30.1 の select.c の flattenSubquery が、右側がビューである LEFT JOIN を伴う SELECT DISTINCT の特定の使用を不適切に処理します。これにより、NULL ポインターデリファレンス (または正しくない結果) を引き起こす可能性があります。(CVE-2019-19923)

- SQLite 3.30.1 が、expr.c、vdbeaux.c、window.c に関連する特定のパーサーツリーの書き換えを不適切に処理します。これは、不適切な sqlite3WindowRewrite() エラー処理が原因で発生します。(CVE-2019-19924)

- SQLite 3.30.1 の ext/misc/zipfile.c 内の zipfileUpdate が、ZIP アーカイブの更新中に NULL パス名を不適切に処理します。(CVE-2019-19925)

- SQLite 3.30.1 の select.c の multiSelect が、sqlite3WindowRewrite() 呼び出しからのエラーで示されているように、解析中に特定のエラーを不適切に処理します。注: この脆弱性は、CVE-2019-19880の修正が不完全なために存在します。(CVE-2019-19926)

- SQLite 3.30.1 の ext/misc/zipfile.c が、ファイル名に埋め込まれた「\0」文字を含む状況で INSERT INTO の特定の使用を誤って処理し、(たとえば) valgrind で検出できるメモリ管理エラーを引き起こします。(CVE-2019-19959)

- SQLite 3.30.1のselect.cのselectExpanderは、解析エラー後でもWITHスタックアンワインディングを続行します。
(CVE-2019-20218)

- 3.6.0 から 3.27.2 までの SQLite3 は、無効な rtree テーブルを処理する際に、rtreenode() 関数のヒープ領域外読み取りに対して脆弱です。(CVE-2019-8457)

3.32.0までのSQLiteでは、printf.cのsqlite3_str_vappendfに整数オーバーフローがあります。(CVE-2020-13434)

- 3.32.0 までの SQLite では、expr.c の sqlite3ExprCodeTarget に、セグメンテーション違反があります。(CVE-2020-13435)

- 3.32.0より前のSQLiteのext/fts3/fts3.cには、スニペット機能に関連して、fts3EvalNextRowにおけるメモリ解放後使用 (Use After Free ) があります。 (CVE-2020-13630 )

- 3.32.0より前のSQLiteを使用すると、仮想テーブルの名前がalter.cおよびbuild.cに関連するシャドーテーブルの1つに変更されます。 (CVE-2020-13631 )

- 3.32.0より前のSQLiteのext/fts3/fts3_snippet.cには、細工されたmatchinfo()クエリによるNULLポインターデリファレンスがあります。 (CVE-2020-13632 )

-3.32.3より前のSQLiteでは、select.cがquery-flattenerの最適化を誤って処理し、定数伝播のための推移的なプロパティの誤用によりmultiSelectOrderByヒープオーバーフローを引き起こします。(CVE-2020-15358)

- SQLite 3.31.1では、isAuxiliaryVtabOperatorを使用すると、攻撃者は生成された列の最適化によって、NULLポインターデリファレンスとセグメンテーション違反をトリガーできます。 (CVE-2020-9327 )

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける libsqlite3-0、libsqlite3-0-32bit、sqlite3 および / または sqlite3-devel パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.suse.com/928700

https://bugzilla.suse.com/928701

https://bugzilla.suse.com/1157818

https://bugzilla.suse.com/1158812

https://bugzilla.suse.com/1158958

https://bugzilla.suse.com/1158959

https://bugzilla.suse.com/1158960

https://bugzilla.suse.com/1159491

https://bugzilla.suse.com/1159715

https://bugzilla.suse.com/1159847

https://bugzilla.suse.com/1159850

https://bugzilla.suse.com/1160309

https://bugzilla.suse.com/1160438

https://bugzilla.suse.com/1160439

https://bugzilla.suse.com/1164719

https://bugzilla.suse.com/1172091

https://bugzilla.suse.com/1172115

https://bugzilla.suse.com/1172234

https://bugzilla.suse.com/1172236

https://bugzilla.suse.com/1172240

https://bugzilla.suse.com/1173641

http://www.nessus.org/u?b948800c

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-3414

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2015-3415

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2016-6153

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-10989

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-2518

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-20346

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-8740

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-16168

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-19244

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-19317

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-19603

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-19645

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-19646

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-19880

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-19923

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-19924

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-19925

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-19926

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-19959

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-20218

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-8457

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-13434

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-13435

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-13630

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-13631

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-13632

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-15358

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-9327

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 153643

ファイル名: suse_SU-2021-3215-1.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/9/24

更新日: 2022/5/16

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2019-8457

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsqlite3-0, p-cpe:/a:novell:suse_linux:libsqlite3-0-32bit, p-cpe:/a:novell:suse_linux:sqlite3, p-cpe:/a:novell:suse_linux:sqlite3-devel, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/9/23

脆弱性公開日: 2015/3/19

参照情報

CVE: CVE-2015-3414, CVE-2015-3415, CVE-2016-6153, CVE-2017-2518, CVE-2017-10989, CVE-2018-8740, CVE-2018-20346, CVE-2019-8457, CVE-2019-16168, CVE-2019-19244, CVE-2019-19317, CVE-2019-19603, CVE-2019-19645, CVE-2019-19646, CVE-2019-19880, CVE-2019-19923, CVE-2019-19924, CVE-2019-19925, CVE-2019-19926, CVE-2019-19959, CVE-2019-20218, CVE-2020-9327, CVE-2020-13434, CVE-2020-13435, CVE-2020-13630, CVE-2020-13631, CVE-2020-13632, CVE-2020-15358

SuSE: SUSE-SU-2021:3215-1

IAVA: 2020-A-0358-S