CentOS 8:nodejs: 14 (CESA-2021:3666)

critical Nessus プラグイン ID 153763

概要

リモートのCentOSホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムが欠落しています。

説明

リモートのCentOS Linux 8ホストにインストールされているパッケージは、CESA-2021:3666アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- nodejs: ストリームキャンセル時にhttp2を閉じる際のメモリ解放後使用(Use After Free)(CVE-2021-22930、 CVE-2021-22940)

- nodejs: ドメイン名の特殊文字の不適切な処理(CVE-2021-22931)

- nodejs: tls rejectUnauthorized パラメーターの不完全な検証(CVE-2021-22939)

-nodejs-path-parse:splitDeviceRe、splitTailRe、およびsplitPatによるReDoS(CVE-2021-23343)

-nodejs-tar:任意のファイルの作成および上書きが可能となる不十分なシンボリックリンクの保護(CVE-2021-32803)

-nodejs-tar:任意のファイルの作成および上書きが可能となる絶対パスの不適切なサニタイズ(CVE-2021-32804)

- c-ares:ホスト名の入力検証が行われず、ドメインハイジャックが引き起こされる可能性があります(CVE-2021-3672)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるnodejs-noemonおよび/またはnodejs-packagingパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2021:3666

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 153763

ファイル名: centos8_RHSA-2021-3666.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/9/27

更新日: 2022/1/26

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-22931

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:centos:centos:8, p-cpe:/a:centos:centos:nodejs-nodemon, p-cpe:/a:centos:centos:nodejs-packaging

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/9/27

脆弱性公開日: 2021/5/4

参照情報

CVE: CVE-2021-3672, CVE-2021-22930, CVE-2021-22931, CVE-2021-22939, CVE-2021-22940, CVE-2021-23343, CVE-2021-32803, CVE-2021-32804

RHSA: 2021:3666

IAVB: 2021-B-0050-S