FreeBSD:chromium -- Portalsにおけるメモリ解放後使用(Use After Free)(b6c875f1-1d76-11ec-ae80-704d7b472482)

critical Nessus プラグイン ID 153813

言語:

概要

リモートのFreeBSDホストに、セキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

Chrome Releasesによる報告:

][1251727]重要度高CVE-2021-37973:Portalsにおけるメモリ解放後使用(Use After Free)2021年9月21日に、Google Project ZeroのSergei Glazunov氏およびMark Brand氏の技術的支援を受けて、Google TAGのClement Lecigne氏が報告。

GoogleはCVE-2021-37973の悪用が存在し出回っていることを認識しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?2ee78dba

http://www.nessus.org/u?ee1b5c1f

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 153813

ファイル名: freebsd_pkg_b6c875f11d7611ecae80704d7b472482.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

公開日: 2021/10/1

更新日: 2022/1/25

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-37973

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 10

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.6

Temporal Score: 9.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:chromium, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2021/9/24

脆弱性公開日: 2021/9/24

CISAの既知の悪用日: 2021/11/17

参照情報

CVE: CVE-2021-37973