FreeBSD:Node.js -- 2021年7月のセキュリティリリース(c174118e-1b11-11ec-9d9d-0022489ad614)

high Nessus プラグイン ID 153822

言語:

概要

リモートのFreeBSDホストに1つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

Node.jsによる報告:libuvのアップグレード - 領域外読み取り(重要度中)(CVE-2021-22918)Node.jsは、文字列をASCIIに変換するために使用されるlibuvのuv__idna_toascii()関数の領域外読み取りに対して脆弱です。これは、Nodeのdnsモジュールのlookup()関数によって呼び出され、情報漏洩やクラッシュを引き起こす可能性があります。Windowsインストーラー - Nodeインストーラーローカル権限昇格(重要度中)(CVE-2021-22921)Node.jsは、Windowsプラットフォームの特定の条件下でローカル権限昇格攻撃に対して脆弱です。具体的には、インストールディレクトリの権限の不適切な構成によって、攻撃者が次の2つの異なる昇格攻撃を実行する可能性があります。PATHおよびDLLハイジャック。npmのアップグレード - ssri正規表現のサービス拒否(ReDoS)(重要度高)(CVE-2021-27290)これはssri npmモジュールの脆弱性であり、サービス拒否攻撃に対して脆弱である可能性があります。 npmのアップグレード - hosted-git-info正規表現のサービス拒否(ReDoS)(重要度中)(CVE-2021-23362)これはhosted-git-info npmモジュールの脆弱性で、サービス拒否攻撃に脆弱な場合があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://nodejs.org/en/blog/vulnerability/july-2021-security-releases/

http://www.nessus.org/u?bad625d3

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 153822

ファイル名: freebsd_pkg_c174118e1b1111ec9d9d0022489ad614.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2021/10/1

更新日: 2022/5/9

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-22918

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:node, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:node14, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/9/21

脆弱性公開日: 2021/7/1

参照情報

CVE: CVE-2021-22918, CVE-2021-22921, CVE-2021-23362, CVE-2021-27290