FreeBSD:Node.js -- 2021年8月のセキュリティリリース(b092bd4f-1b16-11ec-9d9d-0022489ad614)

critical Nessus プラグイン ID 153824

言語:

概要

リモートのFreeBSDホストに1つ以上のセキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

Node.jsによる報告:caresのアップグレード - ドメイン名の特殊文字の不適切な処理(重要度高)(CVE-2021-22931)Node.jsは、Node.js DNSライブラリのDomain Name Serversによって返されるホスト名の入力を検証しないため、リモートコード実行、XSS、 アプリケーションのクラッシュに脆弱です。その結果、誤ったホスト名(ドメインハイジャックに至る)を出力し、当該ライブラリを使用するアプリケーションにインジェクションの脆弱性を発生させる可能性があります。ストリームキャンセル時にhttp2を閉じる際のメモリ解放後使用(Use After Free)(重要度高)(CVE-2021-22940)Node.jsはメモリ解放後使用(Use After Free)攻撃に対して脆弱であり、攻撃者はメモリ破損を悪用し、プロセスの挙動を変更させることが可能な場合があります。この問題はCVE-2021-22930の修正で完全に解決されなかったため、CVE-2021-22930へ継承されています。rejectUnauthorizedパラメーターの不完全な検証(重要度低)(CVE-2021-22939)Node.js https APIが不適切に使用され、「undefined」が「rejectUnauthorized」パラメーターに渡される場合、エラーが返されず、有効期限が切れた証明書によるサーバーへの接続が受理されていました。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://nodejs.org/en/blog/vulnerability/aug-2021-security-releases/

http://www.nessus.org/u?4eca43d2

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 153824

ファイル名: freebsd_pkg_b092bd4f1b1611ec9d9d0022489ad614.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

公開日: 2021/10/1

更新日: 2021/10/5

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-22931

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:node, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:node14, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/9/21

脆弱性公開日: 2021/8/11

参照情報

CVE: CVE-2021-22931, CVE-2021-22939, CVE-2021-22940