Juniper Junos OSの脆弱性(JSA11219)

high Nessus プラグイン ID 154113

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

リモートホストにインストールされたJunos OSのバージョンは、JSA11219のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

-ネットワークモードで(Juniper Agile License Managerを使用するように)構成された、Juniper Networks Junos OSおよびJunos OS EvolvedのJuniper Agile License(JAL)クライアントによる応答の処理での領域外(OOB)アクセスの脆弱性により、攻撃者が部分的なサービス拒否(DoS)を引き起こしたり、リモートコードの実行(RCE)を引き起こしたりする可能性があります。この脆弱性はカスタムプロトコルを使用してサーバーからの応答を処理するクライアントのパケット解析ロジックに存在しています。JAL License Managerをコントロールできる攻撃者、またはローカルのブロードキャストドメインにアクセスできる攻撃者が、新しいJAL License Managerを偽装したり、Junos OS License Clientへの応答を作成したりして、この脆弱性を悪用する可能性があります。この問題の影響を受けるのは、ネットワークモードで構成されたJunosシステムのみです。スタンドアロンモード(すべてのシステムのデフォルトの操作モード)で構成されているシステムは、この問題に対して脆弱ではありません。この問題の影響を受ける対象:Juniper Networks Junos OS:19.2R3-S3より前19.2のバージョン。19.3R3-S3より前の19.3バージョン。20.1R2-S2、20.1R3-S1より前の20.1バージョン。20.2R3-S2より前の20.2バージョン。20.3R3より前の20.3バージョン。20.4R3より前の20.4バージョン。21.1R2より前の21.1バージョン。Juniper Networks Junos OS Evolved:21.2R2-EVOより前のバージョン20.1R1-EVO以降のバージョン。この問題は、19.2R1より前のJuniper Networks Junos OSバージョンに影響を与えます。(CVE-2021-31354)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

JuniperアドバイザリJSA11219に記載されている該当のJunosソフトウェアリリースを適用してください

関連情報

https://kb.juniper.net/JSA11219

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 154113

ファイル名: juniper_jsa11219.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: combined

公開日: 2021/10/13

更新日: 2021/10/26

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-31354

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.4

Temporal Score: 4

ベクトル: AV:A/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:A/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:juniper:junos

必要な KB アイテム: Host/Juniper/JUNOS/Version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/10/13

脆弱性公開日: 2021/10/13

参照情報

CVE: CVE-2021-31354

JSA: JSA11219