Juniper Junos OSの脆弱性(JSA11230)

high Nessus プラグイン ID 154121

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

リモートホストにインストールされたJunos OSのバージョンは、JSA11230のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- Juniper Networks JUNOS OSのカーネルに制御されないリソース消費の脆弱性があるため、認証されていないネットワークベースの攻撃者が100%のCPU負荷を引き起こし、帯域外管理イーサネットポートに大量のトラフィックを送信することで、デバイスが応答しなくなる可能性があります。フラッドの受信を継続すると、サービス拒否(DoS)状態が作り出され維持されます。フラッドが収まれば、システムは自然に回復します。システムがこの問題の影響を受けることを示唆するものとして、次の出力例のように、カーネルおよびnetisrプロセスが多くのCPUサイクルを使用していることが示されます。[email protected]>が広範囲なシステムプロセスを表示... PID USERNAME PRI NICE SIZE RES STATE C TIME WCPU COMMAND 16 root -72 - 0K 304K WAIT 1 839:40 88.96% intr{swi1: netisr 0} 0 root 97 - 0K 160K RUN 1 732:43 87.99% kernel{bcm560xgmac0 que} この問題は、EX2300シリーズ、EX3400シリーズ、およびACX710のJuniper Networks JUNOS OSに影響を与えます。18.1R3-S13より前のすべてのバージョン。18.2R3-S8より前の18.2バージョン。18.3R3-S5より前の18.3バージョン。18.4R2-S8、18.4R3-S9より前の18.4バージョン。19.1R3-S5より前の19.1バージョン。19.2R1-S7、19.2R3-S3より前の19.2バージョン。19.3R2-S6、19.3R3-S2より前の19.3バージョン。19.4R1-S4、19.4R3-S3より前の19.4バージョン。20.1R2-S2、20.1R3より前の20.1バージョン。20.2R3より前の20.2バージョン。20.3R2-S1、20.3R3より前の20.3バージョン。20.4R2より前の20.4バージョン。(CVE-2021-31368)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

JuniperアドバイザリJSA11230に記載されている該当のJunosソフトウェアリリースを適用してください

関連情報

https://kb.juniper.net/JSA11230

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 154121

ファイル名: juniper_jsa11230.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: combined

公開日: 2021/10/13

更新日: 2022/1/13

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-31368

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 5.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:juniper:junos

必要な KB アイテム: Host/Juniper/JUNOS/Version, Host/Juniper/model

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/10/13

脆弱性公開日: 2021/10/13

参照情報

CVE: CVE-2021-31368

JSA: JSA11230

IAVA: 2021-A-0478-S