Microsoft Edge (chromium) < 95.0.1020.30 の複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 154327

概要

リモートホストに、複数の脆弱性の影響を受けるWebブラウザがインストールされています。

説明

リモートのWindowsホストにインストールされているMicrosoft Edgeのバージョンは、95.0.1020.30 より前です。したがって、2021年10月21日のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- 95.0.4638.54 より前の Google Chrome の PDF Accessibility でのメモリ解放後使用 (Use After Free) により、リモートの攻撃者が、細工されたHTMLページを介してヒープ破損を悪用する可能性がありました。 (CVE-2021-37993)

- 95.0.4638.54より前の Google Chrome の Skia におけるヒープバッファオーバーフローにより、レンダラープロセスを侵害したリモート攻撃者が、細工された HTML ページを介してサンドボックスエスケープを実行する可能性がありました。
(CVE-2021-37981)

- 95.0.4638.54より前の Google Chrome の Incognitoでのメモリ解放後使用 (Use After Free) により、リモートの攻撃者が、細工された HTML ページを介してヒープ破損を悪用する可能性がありました。 (CVE-2021-37982)

- 95.0.4638.54 より前の Google Chrome の Dev Tools でのメモリ解放後使用 (Use After Free) により、リモート攻撃者が、細工された HTML ページを介してヒープ破損を悪用する可能性がありました。 (CVE-2021-37983)

- 95.0.4638.54より前の Google Chrome の PDFium でのヒープバッファオーバーフローにより、リモート攻撃者が、細工された HTML ページを介してヒープ破損を悪用する可能性がありました。(CVE-2021-37984)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Microsoft Edgeをバージョン95.0.1020.30以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?6d633bfe

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2021-37981

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2021-37982

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2021-37983

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2021-37984

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2021-37985

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2021-37986

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2021-37987

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2021-37988

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2021-37989

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2021-37990

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2021-37991

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2021-37992

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2021-37993

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2021-37994

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2021-37995

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2021-37996

https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2021-42307

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 154327

ファイル名: microsoft_edge_chromium_95_0_1020_30.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2021/10/21

更新日: 2022/5/9

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-37993

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.6

Temporal Score: 8.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-37981

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:edge

必要な KB アイテム: installed_sw/Microsoft Edge (Chromium), SMB/Registry/Enumerated

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/10/21

脆弱性公開日: 2021/10/19

参照情報

CVE: CVE-2021-37981, CVE-2021-37982, CVE-2021-37983, CVE-2021-37984, CVE-2021-37985, CVE-2021-37986, CVE-2021-37987, CVE-2021-37988, CVE-2021-37989, CVE-2021-37990, CVE-2021-37991, CVE-2021-37992, CVE-2021-37993, CVE-2021-37994, CVE-2021-37995, CVE-2021-37996, CVE-2021-42307

IAVA: 2021-A-0491-S