FreeBSD: chromium -- 複数の脆弱性 (976d7bf9-38ea-11ec-b3b0-3065ec8fd3ec)

critical Nessus プラグイン ID 154773

言語:

概要

リモートの FreeBSD ホストに、セキュリティ関連の更新プログラムがありません。

説明

Chrome Releases レポート :

この更新には、次を含む8のセキュリティ修正が含まれます:

- [1259864]重要度高CVE-2021-37997: Sign-In におけるメモリ解放後使用 (Use-After-Free)。2021 年 10 月 14 日に MoyonSec VLab の Wei Yuan 氏が報告

- [1259587]重要度高CVE-2021-37998: ガベージ コレクションのメモリ解放後使用 (Use After Free)。OPPO Mobile Telecommunications Corp.Ltd の Amber Security Lab の Cassidy Kim 氏が2021 年 10 月 13 日に報告

- [1251541]重要度高CVE-2021-37999: New Tab Page における不十分なデータ検証。2021 年 9 月 21 日に Ashish Arun Dhone 氏が報告

- [1249962]重要度高CVE-2021-38000: Intents での信頼できない入力の不十分な検証。2021 年 9 月 15 日に Google Threat Analysis Group の Clement Lecigne 氏、Neel Mehta 氏、Maddie Stone 氏が報告

- [1260577]重要度高CVE-2021-38001: V8 における型の取り違え。2021 年 10 月 16 日に Tianfu Cup を通じて Kunlun Lab の @ s0rrymybad が報告

- [1260940]重要度高CVE-2021-38002: Web Transport におけるメモリ解放後使用 (Use-After-Free)。
2021 年 10 月 16 日に、Tianfu Cup を通して、360 Alpha Lab、? の @__ R0ng が報告

- [1263462]重要度高CVE-2021-38003: V8 における不適切な実装。
2021 年 10 月 26 日に、Google TAG の Clement Lecigne 氏と Google Project Zero の Samuel Gross 氏が報告

Google は、CVE-2021-38000とCVE-2021-38003が野放しで悪用されていることを認識しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?b9b4b94a

http://www.nessus.org/u?1d1c70ec

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 154773

ファイル名: freebsd_pkg_976d7bf938ea11ecb3b03065ec8fd3ec.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

公開日: 2021/11/1

更新日: 2022/5/9

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-38003

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.6

Temporal Score: 9.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:chromium, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2021/10/29

脆弱性公開日: 2021/10/28

CISAの既知の悪用日: 2021/11/17

参照情報

CVE: CVE-2021-37997, CVE-2021-37998, CVE-2021-37999, CVE-2021-38000, CVE-2021-38001, CVE-2021-38002, CVE-2021-38003

IAVA: 2021-A-0522-S