Jenkins Enterprise および Operations Center < 2.249.33.0.1 / 2.277.42.0.1 / 2.303.2.5複数の脆弱性 (CloudBees セキュリティアドバイザリ 2021 年 10 月 6 日)

medium Nessus プラグイン ID 155661

概要

リモートの Web サーバーでホストされているジョブスケジューリング / 管理システムは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモート Web サーバーで実行されている Jenkins Enterprise または Jenkins Operations Center のバージョンは、2.249.33.0.1 より前の 2.249.x、2.277.42.0.1 より前の 2.277.x、および 2.303.2.5 より前の 2.x です。そのため、以下を含む複数の脆弱性による影響を受けます:

- 4.3.5より前の Apache HttpComponents HttpClient における org.apache.http.conn.ssl.AbstractVerifier および4.0.2より前の HttpAsyncClient は、サーバーのホスト名が X.509 証明書の対象の共通名(CN)あるいは subjectAltName フィールドのドメイン名と一致していることを適切に検証していません。これにより中間攻撃者が証明書の識別名(DN)のフィールドの CN= 文字列を介して SSL サーバーを偽装することが可能です。O フィールドの foo、CN=www.apache.org 文字列によって実証されているのと同様です。
(CVE-2014-3577)

- Jenkins 2.314以前、LTS 2.303.1以前は、末尾のドット文字でジョブおよびその他のエンティティの名前を受け入れ、Windowsの他のエンティティの構成およびデータを置き換える可能性があります。
(CVE-2021-21682)

- Jenkins 2.314以前、LTS 2.303.1以前のファイルブラウザは、Windows上のファイルへの一部のパスを絶対パスとして解釈することがあり、その結果、パストラバーサルの脆弱性が発生し、全体/読み取り権限(Windowsコントローラー)またはジョブ/ワークスペース権限( Windowsエージェント)が任意のファイルのコンテンツを取得する可能性があります。(CVE-2021-21683)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っています。

ソリューション

Jenkins Enterprise または Jenkins Operations Center をバージョン 2.249.33.0.1、2.277.42.0.1、2.303.2.5 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.cloudbees.com/cloudbees-security-advisory-2021-10-06

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 155661

ファイル名: cloudbees_security_advisory_2021-10-06.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: combined

エージェント: windows, macosx, unix

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2021/11/22

更新日: 2022/5/6

構成: 徹底的なチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2014-3577

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.5

Temporal Score: 5.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-21683

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:cloudbees:jenkins

必要な KB アイテム: installed_sw/Jenkins

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/10/6

脆弱性公開日: 2021/10/6

参照情報

CVE: CVE-2014-3577, CVE-2021-21682, CVE-2021-21683, CVE-2021-21684