SUSE SLES12セキュリティ更新プログラム: カーネル (SUSE-SU-2021:3929-1)

high Nessus プラグイン ID 155910

Language:

概要

リモートの SUSE ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの SUSE Linux SLES12ホストには、SUSE-SU-2021:3929-1 のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

投機的実行と分岐予測を利用するマイクロプロセッサを搭載したシステムは、ローカルユーザーのアクセス権を持つ攻撃者に、サイドチャネル分析を介して情報を不正に漏えいする可能性があります。
(CVE-2017-5753)

- 3.16 までの Linux カーネルの fs/inode.c にある inode_init_owner 関数により、ディレクトリが特定グループへの SGID であり、そのグループのメンバーではないユーザーにより書き込み可能であるというシナリオにおいて、ローカルユーザーが意図しないグループ所有権でファイルを作成する可能性があります。ここでは、非メンバーが、グループ所有権がそのグループであるプレーンファイルの作成をトリガーできます。意図された動作として、非メンバーがグループ所有権がそのグループであるディレクトリの作成をトリガーできます。非メンバーは、プレーンファイルを実行可能ファイルと SGID にすることで、権限を昇格できます。(CVE-2018-13405)

-nested(=1)の仮想化が有効になっている場合、Linux カーネルのKVMハイパーバイザーが転記済み割り込み処理を処理する方法に、メモリ解放後使用(Use-After-Free)の問題が見つかりました。nested_get_vmcs12_pages()で、ポストされた割り込みアドレスの処理中にエラーが発生した場合、後でpi_test_and_clear_on()で使用される「pi_desc」記述子アドレスをリセットせずに、「pi_desc_page」のマップを解除します。ゲストユーザー/プロセスがこの欠陥を利用してホストカーネルをクラッシュさせ、DoSを引き起こしたり、システムへのアクセス権限を取得したりする可能性があります。4.14.91より前および4.19.13より前のカーネルバージョンが脆弱です。(CVE-2018-16882)

- l2tp_session_delete および l2tp_core.c の関連関数において、メモリ解放後使用 (Use-After-Free) によるメモリ破損の可能性があります。これにより、システム実行権限が必要なローカルでの権限昇格が引き起こされる可能性があります。
悪用はユーザーの操作を必要としません。製品: Android。バージョン: Android カーネルAndroid ID:
A-152735806 (CVE-2020-0429)

-以前5.6.10の Linux カーネルのfs/xfs/libxfs/xfs_alloc.c内のxfs_agf_verifyで問題が発見されました。
攻撃者は、細工したメタデータを含むXFS v5画像を介して過剰な期間の同期をトリガーする可能性があります(別名CID-d0c7feaf8767)。(CVE-2020-12655)

-Linux カーネルのVoice Over IP H.323接続追跡機能がipv6ポート1720の接続を処理する方法に、領域外メモリ書き込みの欠陥が見つかりました。この欠陥により、認証されていないリモートユーザーがシステムをクラッシュさせ、サービス拒否を引き起こす可能性があります。この脆弱性が最大の脅威となるのは、機密性と整合性、ならびにシステムの可用性です。(CVE-2020-14305)

- 特定のタイミングで細工されたトラフィックにより、WLAN デバイスで内部エラーが発生し、不適切なレイヤー 2 Wi-Fi 暗号化が発生する可能性があります。これにより、Snapdragon Auto、Snapdragon Compute、Snapdragon Connectivity、Snapdragon コンシューマー IOT、Snapdragon 産業 IOT、Snapdragon Mobile、Snapdragon ボイス&ミュージック、Snapdragon ウェアラブル、Snapdragon 有線インフラおよびネットワーキング APQ8053、IPQ4019、IPQ8064、MSM8909W、MSM8996AU、QCA9531、QCN5502、QCS405、SDX20、SM6150、SM7150 のディスクリートトラフィックで情報漏洩が起きる可能性があります。(CVE-2020-3702)

- シグナル保留中に、Linux カーネルの unix_stream_recvmsg 関数で、メモリリソースを解放する方法に欠陥が見つかりました。この欠陥により、権限のないローカルユーザーが利用可能なメモリを使い果たすことでシステムをクラッシュさせる可能性があります。この脆弱性が最大の脅威となるのは、システムの可用性に対してです。
(CVE-2021-20265)

‐ Linux カーネル機能で、受信した ICMP エラー (必要な ICMP フラグメントおよび ICMP リダイレクト) の処理の欠陥により、開いている UDP ポートをすばやくスキャンできることがわかりました。この欠陥により、オフパスのリモートユーザーがソースポートの UDP ランダム化を効果的にバイパスできます。この脆弱性からの最も高い脅威は、機密性およびおそらくは整合性に対するものです。これは、 UDP ソースポートのランダム化に依存するソフトウェアも間接的に影響を受けるためです。(CVE-2021-20322)

- 5.12以前の Linux カーネルでは、マルチデバイスドライバーモジュールのdrivers/md/dm-ioctl.c のlist_devicesで、領域外 (OOB) メモリ書き込みの欠陥が見つかりました。領域チェックに失敗すると、特別なユーザー (CAP_SYS_ADMIN) 権限を持つ攻撃者が領域外メモリにアクセスし、システムクラッシュや内部カーネル情報の漏洩を引き起こす可能性があります。この脆弱性が最大の脅威となるのは、システムの可用性です。(CVE-2021-31916)

- 5.11.14 より前の Linux カーネルには、DOI 定義の CIPSO と CALIPSO の refcounting が誤って処理されているため、net/ipv4/cipso_ipv4.c における cipso_v4_genopt にメモリ解放後使用 (Use-After-Free) があります。これは、任意の値の書き込みにつながります。(CVE-2021-33033)

- 5.13.7以前の Linux カーネルで、保護機構はBPFスタックに初期化されていないメモリロケーションの可能性を無視するので、権限のない BPF プログラムが投機ストアバイパスサイドチャネル攻撃を介して、カーネルメモリから機密情報を入手することができます。(CVE-2021-34556)

-Linux カーネルの Bluetooth 接続コードでの CAPI に欠陥が見つかりました。CAPI (ISDN) ハードウェア接続が失敗すると、ローカルアカウントを持つ攻撃者が権限を昇格する可能性があります。 (

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://bugzilla.suse.com/1190349

https://bugzilla.suse.com/1190351

https://bugzilla.suse.com/1190601

https://bugzilla.suse.com/1191193

https://bugzilla.suse.com/802154

https://bugzilla.suse.com/1068032

https://bugzilla.suse.com/1087082

https://bugzilla.suse.com/1098425

https://bugzilla.suse.com/1100416

https://bugzilla.suse.com/1119934

https://bugzilla.suse.com/1129735

https://bugzilla.suse.com/1171217

https://bugzilla.suse.com/1171420

https://bugzilla.suse.com/1173346

https://bugzilla.suse.com/1176724

https://bugzilla.suse.com/1183089

https://bugzilla.suse.com/1184673

https://bugzilla.suse.com/1186109

https://bugzilla.suse.com/1186390

https://bugzilla.suse.com/1188172

https://bugzilla.suse.com/1191315

https://bugzilla.suse.com/1191790

https://bugzilla.suse.com/1191958

https://bugzilla.suse.com/1191961

https://bugzilla.suse.com/1192781

https://lists.suse.com/pipermail/sle-updates/2021-December/020993.html

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2017-5753

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-13405

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-16882

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-0429

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-12655

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-14305

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-3702

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-20265

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-20322

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-31916

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-33033

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-34556

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-34981

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-3542

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-35477

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-3640

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-3653

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-3655

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-3659

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-3679

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-3715

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-37159

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-3732

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-3752

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-3753

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-37576

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-3760

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-3772

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-38160

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-38198

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-38204

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-3896

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-40490

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-42008

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-42739

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-43389

https://bugzilla.suse.com/1188325

https://bugzilla.suse.com/1188563

https://bugzilla.suse.com/1188601

https://bugzilla.suse.com/1188838

https://bugzilla.suse.com/1188876

https://bugzilla.suse.com/1188983

https://bugzilla.suse.com/1188985

https://bugzilla.suse.com/1189057

https://bugzilla.suse.com/1189262

https://bugzilla.suse.com/1189291

https://bugzilla.suse.com/1189399

https://bugzilla.suse.com/1189706

https://bugzilla.suse.com/1190023

https://bugzilla.suse.com/1190025

https://bugzilla.suse.com/1190067

https://bugzilla.suse.com/1190117

https://bugzilla.suse.com/1190159

https://bugzilla.suse.com/1190276

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 155910

ファイル名: suse_SU-2021-3929-1.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/12/7

更新日: 2023/11/22

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 8.3

Temporal Score: 7.2

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2020-14305

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 8.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:H/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-3653

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-base, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-default-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-macros, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-source, p-cpe:/a:novell:suse_linux:kernel-syms, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2021/12/6

脆弱性公開日: 2018/1/3

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

参照情報

CVE: CVE-2017-5753, CVE-2018-13405, CVE-2018-16882, CVE-2020-0429, CVE-2020-12655, CVE-2020-14305, CVE-2020-3702, CVE-2021-20265, CVE-2021-20322, CVE-2021-31916, CVE-2021-33033, CVE-2021-34556, CVE-2021-34981, CVE-2021-3542, CVE-2021-35477, CVE-2021-3640, CVE-2021-3653, CVE-2021-3655, CVE-2021-3659, CVE-2021-3679, CVE-2021-3715, CVE-2021-37159, CVE-2021-3732, CVE-2021-3752, CVE-2021-3753, CVE-2021-37576, CVE-2021-3760, CVE-2021-3772, CVE-2021-38160, CVE-2021-38198, CVE-2021-38204, CVE-2021-3896, CVE-2021-40490, CVE-2021-42008, CVE-2021-42739, CVE-2021-43389

IAVA: 2017-A-0345-S, 2017-A-0347-S, 2018-A-0017-S, 2018-A-0020, 2018-A-0022-S, 2018-A-0123-S

SuSE: SUSE-SU-2021:3929-1