Ubuntu 18.04LTS:BlueZ の脆弱性 (USN-5183-1)

high Nessus プラグイン ID 155952

言語:

概要

リモートUbuntuホストにセキュリティ更新がありません。

説明

リモートのUbuntu 18.04LTSホストには、USN-5183-1のアドバイザリに記載された脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 5.48までの BlueZ の bluetoothd でヒープベースのバッファオーバーフローが検出されました 。宛先のバッファに十分なスペースがあるかどうかのチェックがありません。この関数は、渡されたすべてのデータを単純に追加します。リクエストされたすべての属性の値が出力バッファに追加されます。サイズチェックは一切行われず、応答が事前に割り当てられたバッファをオーバーフローする大きさのリクエストを作成できる場合、ヒープオーバーフローが発生します。この問題は process_request (sdpd-request.c内) が呼び出すservice_attr_req に存在しており、応答バッファも割り当てられます。 (CVE-2019-8922)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://ubuntu.com/security/notices/USN-5183-1

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 155952

ファイル名: ubuntu_USN-5183-1.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/12/8

更新日: 2021/12/8

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2019-8922

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:A/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:A/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:18.04:-:lts, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:bluetooth, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:bluez, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:bluez-cups, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:bluez-hcidump, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:bluez-obexd, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:bluez-tests, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libbluetooth-dev, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libbluetooth3

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/12/8

脆弱性公開日: 2021/11/29

参照情報

CVE: CVE-2019-8922

USN: 5183-1