Oracle Linux 7:Firefox (ELSA-2021-5014 )

high Nessus プラグイン ID 155958

言語:

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Oracle Linux 7 ホストに、ELSA-2021-5014 アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 特定の状況で、非同期関数によりナビゲーションが失敗し、ターゲットURLが漏洩する可能性がありました。この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 91.4.0、Firefox ESR < 91.4.0、Firefox < 95です。
(CVE-2021-43536)

- 64ビットから32ビット整数への不適切なサイズの型変換により、攻撃者がメモリを破損でき、悪用可能なクラッシュを引き起こす可能性がありました。この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 91.4.0、Firefox ESR < 91.4.0、Firefox < 95です。 (CVE-2021-43537 )

- 複数のwasmインスタンス呼び出しにわたってライブポインターの位置を正しく記録できないため、呼び出し内でGCが発生し、これらのライブポインターがトレースされませんでした。これによりメモリ解放後使用 (Use-After-Free ) が発生し、悪用可能なクラッシュを引き起こす可能性がありました。この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 91.4.0、Firefox ESR < 91.4.0、Firefox < 95です。 (CVE-2021-43539 )

- 外部プロトコルのプロトコルハンドラーを呼び出す際に、スペースが含まれている指定されたパラメーターURLが適切にエスケープされませんでした。 この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 91.4.0、Firefox ESR < 91.4.0、Firefox < 95です。
(CVE-2021-43541)

- 攻撃者がXMLHttpRequestを使用して、外部プロトコルをロードするためにエラーメッセージをプローブすることで、インストールされているアプリケーションを特定できる可能性がありました。この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 91.4.0、Firefox ESR < 91.4.0、Firefox < 95です。 (CVE-2021-43542 )

- Location APIをループで使用すると、アプリケーションの深刻なハングアップやクラッシュが発生する可能性がありました。この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 91.4.0、Firefox ESR < 91.4.0、Firefox < 95です。 (CVE-2021-43545 )

- 攻撃者は通知コードの競合を悪用することで、全画面アクセスとポインターロックアクセスを受け取ったページの通知を強制的に隠すことができ、これがスプーフィング攻撃に利用される可能性がありました。この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 91.4.0、Firefox ESR < 91.4.0、Firefox < 95です。
(CVE-2021-43538)

- ズームされたネイティブカーソルを使用して、ユーザーに対する以前のカーソルスプーフィング攻撃を再現できました。
この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 91.4.0、Firefox ESR < 91.4.0、Firefox < 95です。 (CVE-2021-43546 )

- CSPサンドボックスディレクティブでロードされたドキュメントは、追加のコンテンツを埋め込むことでサンドボックスのスクリプト制限を回避できる可能性がありました。 この脆弱性の影響を受けるのは、Thunderbird < 91.4.0、Firefox ESR < 91.4.0、Firefox < 95です。 (CVE-2021-43543 )

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるFirefoxパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2021-5014.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 155958

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2021-5014.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/12/9

更新日: 2021/12/30

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-43539

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:7, p-cpe:/a:oracle:linux:firefox

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/12/8

脆弱性公開日: 2021/12/7

参照情報

CVE: CVE-2021-43536, CVE-2021-43537, CVE-2021-43538, CVE-2021-43539, CVE-2021-43541, CVE-2021-43542, CVE-2021-43543, CVE-2021-43545, CVE-2021-43546

IAVA: 2021-A-0569-S