Apache Log4j メッセージ検索置換 RCE (Log4Shell) (Direct Check)

critical Nessus プラグイン ID 155998

概要

リモートサーバーで使用されている Apache Log4j のバージョンは、リモートコード実行の脆弱性による影響を受けます。

説明

ユーザーが制御する入力を処理する際のメッセージ検索置換の保護が不十分なため、Apache Log4j < 2.15.0にリモートコード実行の脆弱性が存在します。リモートの認証されていない攻撃者がこれを悪用し、Web リクエストを介して、Java プロセスの権限レベルで任意のコードを実行する可能性があります。

プラグインは、スキャンされるターゲットからのコールバックに依存しているため、ファイアウォールルールや他のセキュリティデバイスとの相互作用がプラグインの有効性に影響を与えます。また、プラグインは Tenable.io で結果を生成しません。顧客は Tenable.io でスキャンする際にプラグインID 155999、156000、156001、および156002 を使用することが推奨されています。追加検出のオプションについては、引き続き調査を行っています。

このプラグインは、50000〜60000 の範囲のランダムなポートでコールバックをリッスンします。

ソリューション

Apache Log4j バージョン 2.15.0以降にアップグレードするか、ベンダーの緩和策を適用してください。

Apache Log4j の最新バージョンへのアップグレードは、それまでのバージョン / パッチに深刻なセキュリティ上の脆弱性があるために、強く推奨されています。Log4j の影響に関する新しい調査と知見が発見されると、ベンダーは頻繁にアドバイザリを更新しています。最新のバージョンについては、https://logging.apache.org/log4j/2.x/security.html を参照してください。

関連情報

https://logging.apache.org/log4j/2.x/security.html

https://www.lunasec.io/docs/blog/log4j-zero-day/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 155998

ファイル名: apache_log4j_jdni_ldap_generic.nbin

バージョン: 1.27

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2021/12/10

更新日: 2022/8/31

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 10

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 8.1

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-44228

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 9.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:apache:log4j

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

Nessus によりエクスプロイト済み: true

パッチ公開日: 2021/12/10

脆弱性公開日: 2021/12/9

CISAの既知の悪用日: 2021/12/24

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

参照情報

CVE: CVE-2021-44228

IAVA: 2021-A-0573, 2021-A-0596, 2021-A-0597, 2021-A-0598, 0001-A-0650