Oracle Linux 8:nodejs: 16 (ELSA-2021-5171)

critical Nessus プラグイン ID 156123

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 8ホストに、ELSA-2021-5171アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

-これは、1.3.6より前のパッケージに影響を与えます。攻撃者が悪意のあるINIファイルをini.parseで解析するアプリケーションに送信すると、アプリケーションのプロトタイプが汚染されます。これは、コンテキストによってはさらに悪用される可能性があります。(CVE-2020-7788)

-これは、5.1.2より前のパッケージ glob-parent に影響を与えます。エンクロージャ正規表現は、パスセパレーターを含むエンクロージャで終わる文字列をチェックするために使用されていました。(CVE-2020-28469)

- ansi-regex は非効率的な正規表現の複雑性に対して脆弱です (CVE-2021-3807)

- json-schema は、オブジェクトプロトタイプ属性の不適切に制御された変更 (「プロトタイプ汚染」) に対して脆弱です (CVE-2021-3918)

- Node.js の normalize-url パッケージの 4.5.1 より前、5.3.1 より前の 5.x、および 6.0.1より前の 6.xには、データに対して指数関数的なパフォーマンスがあるため、ReDoS (正規表現のサービス拒否) の問題があります。URLを有する1つ以上のサブモジュールをもつ場合に特に危険です。
(CVE-2021-33502)

- このパーサーは、コロンの前のヘッダー名の直後にスペース (SP) があるリクエストを受け入れます。このため、llhttp < v2.1.4 および < v6.0.6 での HTTP リクエストスマグリング (HRS) が引き起こされる可能性があります。(CVE-2021-22959)

- llhttp < 2.1.4および < 6.0.6の解析関数は、チャンクされたリクエストの本文を解析するときに、チャンク拡張を無視します。このため、特定の状況で HTTP リクエストスマグリング (HRS) が発生します。(CVE-2021-22960)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2021-5171.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 156123

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2021-5171.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/12/16

更新日: 2021/12/16

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-3918

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:8, p-cpe:/a:oracle:linux:nodejs, p-cpe:/a:oracle:linux:nodejs-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:nodejs-docs, p-cpe:/a:oracle:linux:nodejs-full-i18n, p-cpe:/a:oracle:linux:nodejs-nodemon, p-cpe:/a:oracle:linux:nodejs-packaging, p-cpe:/a:oracle:linux:npm

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/12/16

脆弱性公開日: 2020/12/11

参照情報

CVE: CVE-2020-7788, CVE-2020-28469, CVE-2021-3807, CVE-2021-3918, CVE-2021-22959, CVE-2021-22960, CVE-2021-33502

IAVB: 2021-B-0059