Ubuntu 20.04LTS/21.04:Apache Log4j 2 の脆弱性 (USN-5203-1)

medium Nessus プラグイン ID 156190

概要

リモートUbuntuホストにセキュリティ更新がありません。

説明

リモートのUbuntu 20.04LTS/21.04ホストには、USN-5203-1のアドバイザリに記載された脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 2.16.0までの Apache Log4j2 バージョン 2.0-alpha1 (2.12.3 を除く) では、自己参照検索からの制御されていない再帰に対して保護していませんでした。これにより、細工された文字列が解釈される際に、スレッドコンテキストマップデータをコントロールできる攻撃者がサービス拒否を引き起こす可能性があります。この問題は、Log4j 2.17.0および 2.12.3で修正されました。(CVE-2021-45105)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける liblog4j2-java パッケージを更新してください。

関連情報

https://ubuntu.com/security/notices/USN-5203-1

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 156190

ファイル名: ubuntu_USN-5203-1.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/12/19

更新日: 2022/2/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-45105

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.1

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.9

Temporal Score: 5.7

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:20.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:21.04, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:liblog4j2-java

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2021/12/19

脆弱性公開日: 2021/12/18

参照情報

CVE: CVE-2021-45105

USN: 5203-1

IAVA: 2021-A-0573