Oracle Linux 7 : log4j (ELSA-2021-5206)

high Nessus プラグイン ID 156206

概要

リモートの Oracle Linux ホストにセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Oracle Linux 7 ホストに、ELSA-2021-5206 アドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Log4j 1.2 の JMSAppender は、攻撃者が Log4j 構成への書き込みアクセス権を持つ場合、信頼できないデータの逆シリアル化に対して脆弱です。攻撃者が TopicBindingName および TopicConnectionFactoryBindingName 構成を提供することで、JMSAppender が JNDI リクエストを実行し、CVE-2021-44228 と同様の方法でリモートコード実行される可能性があります。注意 : この問題は、デフォルトではない JMSAppender を使用するように特別に構成されている場合にのみ Log4j 1.2に影響します。Apache Log4j 1.2は、2015 年 8 月にサポートを終了しました。以前のバージョンからのその他の問題を多数対処しているため、ユーザーは Log4j 2 にアップグレードする必要があります。(CVE-2021-4104)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っています。

ソリューション

影響を受ける log4j、log4j-javadoc、log4j-manual パッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2021-5206.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 156206

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2021-5206.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/12/20

更新日: 2022/1/7

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-4104

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6

Temporal Score: 4.4

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:7, p-cpe:/a:oracle:linux:log4j, p-cpe:/a:oracle:linux:log4j-javadoc, p-cpe:/a:oracle:linux:log4j-manual

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2021/12/20

脆弱性公開日: 2021/12/10

参照情報

CVE: CVE-2021-4104

IAVA: 2021-A-0573, 0001-A-0650