openSUSE 15 セキュリティ更新: log4j (openSUSE-SU-2021:1601-1)

critical Nessus プラグイン ID 156218

言語:

概要

リモートの SUSE ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの SUSE Linux SUSE15 ホストには、openSUSE-SU-2021:1601-1 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 構成、ログメッセージ、およびパラメーターで使用される 2.12.1まで、および 2.13.0から 2.15.0までの Apache Log4j2 2.0-beta9 の JNDI 機能は、攻撃者が制御する LDAP およびその他の JNDI 関連のエンドポイントから保護しません。
メッセージ検索置換が有効な場合、ログメッセージまたはログメッセージパラメーターを制御できる攻撃者が、LDAP サーバーからロードされた任意のコードを実行する可能性があります。log4j 2.15.0以降、この動作はデフォルトで無効になっています。バージョン 2.16.0から、この機能は完全に削除されました。この脆弱性は log4j-core に固有のものであり、log4net、log4cxx、またはその他の Apache Logging Services プロジェクトには影響しません。(CVE-2021-44228)

- Apache Log4j 2.15.0で CVE-2021-44228に対処した修正が、特定の非デフォルト構成で不完全であることが判明しました。これにより、ログ構成が Context Lookup (例、$${ctx: loginId}) か Thread Context Map パターン (%X、%mdc、または %MDC) を伴うデフォルト以外のパターンレイアウトを使用する場合、Thread Context Map (MDC) 入力データを制御できる攻撃者は、JNDI Lookup パターンを使用して悪意のある入力データを作成し、一部の環境では情報漏えいやリモートコード実行を引き起こす可能性があり、すべての環境でローカルコード実行を引き起こす可能性があります。Log4j 2.16.0 (Java 8) および 2.12.2 (Java 7) は、メッセージ検索パターンのサポートを削除し、デフォルトで JNDI 機能を無効にすることで、この問題を修正しています。
(CVE-2021-45046)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.suse.com/1193743

http://www.nessus.org/u?594a3b77

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-44228

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-45046

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 156218

ファイル名: openSUSE-2021-1601.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2021/12/21

更新日: 2022/8/31

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 10

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 8.1

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-44228

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 9.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:disruptor, p-cpe:/a:novell:opensuse:disruptor-javadoc, p-cpe:/a:novell:opensuse:jakarta-servlet, p-cpe:/a:novell:opensuse:jakarta-servlet-javadoc, p-cpe:/a:novell:opensuse:log4j, p-cpe:/a:novell:opensuse:log4j-javadoc, p-cpe:/a:novell:opensuse:log4j-jcl, p-cpe:/a:novell:opensuse:log4j-slf4j, cpe:/o:novell:opensuse:15.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2021/12/20

脆弱性公開日: 2021/12/10

CISAの既知の悪用日: 2021/12/24

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

参照情報

CVE: CVE-2021-44228, CVE-2021-45046

IAVA: 2021-A-0573, 0001-A-0650