Ubuntu 20.04LTS:Linuxカーネル (OEM) の脆弱性 (USN-5207-1)

critical Nessus プラグイン ID 156482

概要

リモートUbuntuホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの Ubuntu 20.04LTS ホストには、USN-5207-1 のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 5.14.16より前の Linux カーネルの net/tipc/crypto.c に問題が発見されました。Transparent Inter-Process Communication (TIPC) 機能により、リモートの攻撃者が MSG_CRYPTO メッセージタイプのユーザー指定のサイズの不十分な検証を悪用する可能性があります。(CVE-2021-43267)

- kernel/bpf/syscall.c にロックがないため、bpf_map_update_elem と bpf_map_freeze の間で Linux カーネルの ebpf 検証機能に競合状態が見つかりました。この欠陥では、特別な権限を持つローカルユーザー (cap_sys_admin または cap_bpf) が、フリーズしたマッピングアドレス空間を変更できます。この欠陥は、5.16 rc2 より前のカーネルバージョンに影響を与えます。(CVE-2021-4001)

- ユーザーが shmget() を使用してメモリの一部の領域を 2 回マッピングするときの Linux カーネルの hugetlbfs メモリ使用率にメモリリークの欠陥が見つかりました。この欠陥は、一部のメモリページの障害である PUD アラインメントに分類されます。ローカルユーザーがこの欠陥を利用して、一部のデータに不正アクセスする可能性があります。(CVE-2021-4002)

- 5.14.13までの Linux カーネルの firewire サブシステムに、drivers/media/firewire/firedtv-avc.c および drivers/media/firewire/firedtv-ci.c に関連するバッファオーバーフローがあります。これは、avc_ca_pmt が境界チェックを誤って処理するためです。(CVE-2021-42739)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://ubuntu.com/security/notices/USN-5207-1

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 156482

ファイル名: ubuntu_USN-5207-1.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/1/6

更新日: 2022/3/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-43267

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:20.04:-:lts, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-buildinfo-5.10.0-1053-oem, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-headers-5.10.0-1053-oem, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-headers-oem-20.04, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-headers-oem-20.04-edge, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-headers-oem-20.04b, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-5.10.0-1053-oem, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-oem-20.04, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-oem-20.04-edge, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-oem-20.04b, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-unsigned-5.10.0-1053-oem, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-modules-5.10.0-1053-oem, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-oem-20.04, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-oem-20.04-edge, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-oem-20.04b, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-oem-5.10-headers-5.10.0-1053, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-oem-5.10-tools-5.10.0-1053, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-oem-5.10-tools-host, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-tools-5.10.0-1053-oem, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-tools-oem-20.04, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-tools-oem-20.04-edge, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-tools-oem-20.04b

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2022/1/5

脆弱性公開日: 2021/10/20

参照情報

CVE: CVE-2021-4001, CVE-2021-4002, CVE-2021-42739, CVE-2021-43267

USN: 5207-1