Mozilla Thunderbird < 91.5

critical Nessus プラグイン ID 156609

概要

リモートの macOS または Mac OS X ホストにインストールされているメールクライアントは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートのmacOSまたはMac OS XのホストにインストールされているThunderbirdのバージョンは、91.5より前です。したがって、mfsa2022-03 のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- 競合状態により、フルスクリーン通知がバイパスされ、フルスクリーンウィンドウのなりすましが気付かれない可能性がありました。このバグの影響を受けるのは、Windows版のFirefoxのみです。その他のオペレーティングシステムは影響を受けません。 (CVE-2022-22746)

- フルスクリーンアクセスをリクエストしているときに iframe 内からナビゲートすると、攻撃者が制御するタブにより、ブラウザがフルスクリーンモードを終了できなくなる可能性があります。 (CVE-2022-22743)

- 編集モードでテキストを挿入するとき、一部の文字が領域外メモリアクセスにつながり、悪用可能なクラッシュを引き起こす可能性があります。 (CVE-2022-22742)

- フルスクリーンアクセスのリクエスト中にポップアップのサイズを変更すると、ポップアップがフルスクリーンモードを終了できなくなりました。 (CVE-2022-22741)

- ネットワークリクエストハンドルをリリースするとき、特定のネットワークリクエストオブジェクトが早く解放されました。これによりメモリ解放後使用 (Use-After-Free) が発生し、悪用可能なクラッシュを引き起こす可能性がありました。 (CVE-2022-22740)

- CSS フィルター効果を適用すると、領域外メモリにアクセスする可能性がありました。これによりヒープベースのバッファオーバーフローが発生し、悪用可能なクラッシュを引き起こす可能性がありました。 (CVE-2022-22738)

- オーディオシンクを構築すると、オーディオファイルを再生しウィンドウを閉じる場合、競合状態が発生する可能性があります。
これによりメモリ解放後使用 (Use-After-Free) が発生し、悪用可能なクラッシュを引き起こす可能性がありました。 (CVE-2022-22737)

- 特定の XSLT マークアップを構築し、iframe サンドボックスをバイパスすることが可能でした。
(CVE-2021-4140)

- 悪意のある Web サイトにより、プログラムの起動や外部 URL プロトコルの処理を要求する際に、Firefox が混乱し、間違った生成元が表示される可能性があります。 (CVE-2022-22748)

- Securitypolicyviolation イベントにより、frame-ancestors 違反のオリジン間情報が漏洩する可能性があります (CVE-2022-22745)

- DevTools の Copy as curl 機能から構築された curl コマンドが、PowerShell で適切にエスケープされませんでした。これにより、Powershell プロンプトに貼り付けられた場合、コマンドインジェクションが発生する可能性があります。このバグの影響を受けるのは、Windows版のThunderbirdのみです。その他のオペレーティングシステムは影響を受けません。 (CVE-2022-22744)

- 信頼されていない証明書を受け入れた後、証明書データの一部として空の pkcs7 シーケンスを処理すると、クラッシュを引き起こす可能性がありました。このクラッシュは悪用できないと考えられています。 (CVE-2022-22747)

- 悪意のある Web サイトにより、ユーザーが騙されて、外部 URL プロトコルを処理するプログラムの起動を受け入れる可能性があります。 (CVE-2022-22739)

- Mozilla 開発者 Calixte Denizet 氏、Kershaw Chang 氏、Christian Holler 氏、Jason Kratzer 氏、Gabriele Svelto 氏、Tyson Smith 氏、Simon Giesecke 氏、および Steve Fink 氏が、Firefox 95 および Firefox ESR 91.4に存在するメモリの安全性に関するバグを報告しました。これらのバグの一部にはメモリ破損の証拠が示されており、当社では、十分な労力をもってすればこれらの一部を悪用し、任意のコードを実行することが可能であると推測しています。 (CVE-2022-22751)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

Mozilla Thunderbirdをバージョン91.5以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2022-03/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 156609

ファイル名: macos_thunderbird_91_5.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: macosx

公開日: 2022/1/11

更新日: 2022/1/11

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2022-22743

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.4

Temporal Score: 4.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.1

Temporal Score: 7.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mozilla:thunderbird

必要な KB アイテム: MacOSX/Thunderbird/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/1/11

脆弱性公開日: 2022/1/11

参照情報

CVE: CVE-2021-4140, CVE-2022-22737, CVE-2022-22738, CVE-2022-22739, CVE-2022-22740, CVE-2022-22741, CVE-2022-22742, CVE-2022-22743, CVE-2022-22744, CVE-2022-22745, CVE-2022-22746, CVE-2022-22747, CVE-2022-22748, CVE-2022-22751