Ubuntu 16.04LTS / 18.04LTS / 20.04LTS : lxmlの脆弱性(USN-5225-1)

high Nessus プラグイン ID 156650

概要

リモート Ubuntu ホストにセキュリティ更新がありません。

説明

リモートのUbuntu 16.04LTS/18.04 LTS/20.04 LTSホストには、USN-5225-1のアドバイザリに記載された脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- lxmlは Python 言語で XML および HTML を処理するためのライブラリです。バージョン 4.6.5より前では、lxml.html の HTML クリーナーは、特定の細工されたスクリプトコンテンツを通過させ、データ URI を使用して埋め込まれた SVG ファイルのスクリプトコンテンツも通過させます。HTML クリーナーをセキュリティ関連のコンテキストで使用するユーザーは、lxml 4.6.5にアップグレードしてパッチを受信する必要があります。利用可能な既知の回避策はありません。 (CVE-2021-43818)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

影響を受けるpython-lxmlパッケージやpython3-lxmlのパッケージを更新してください。

関連情報

https://ubuntu.com/security/notices/USN-5225-1

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 156650

ファイル名: ubuntu_USN-5225-1.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/1/12

更新日: 2022/1/12

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-43818

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.1

Temporal Score: 6.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:C/C:L/I:L/A:L

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:16.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:18.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:20.04:-:lts, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:python-lxml, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:python3-lxml

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/1/12

脆弱性公開日: 2021/12/13

参照情報

CVE: CVE-2021-43818

USN: 5225-1