Juniper Junos OSの脆弱性 (JSA11261)

high Nessus プラグイン ID 156689

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

リモートホストにインストールされたJunos OSのバージョンは、JSA11261のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- 制限のないリソース割り当てまたはスロットリングの脆弱性と組み合わせられた不十分なアルゴリズム複雑性または SPC3 を搭載した SRX シリーズおよび MX シリーズの Juniper Networks Junos OS のフロー処理デーモン (flowd) における脆弱性のために、認証されていないネットワークの攻撃者が、トランジットパケット処理の遅延およびパケット損失も引き起こす可能性があります。通過トラフィックに、かなりのパーセンテージ (> 5%) の再構築が必要な断片化されたパケットが含まれている場合、重度の遅延またはパケットドロップが発生する可能性があります。この問題は、SPC3 を搭載した SRX Series、MX Series の Juniper Networks Junos OS に影響を与えます。18.2R3より前のすべてのバージョン。18.3R3 より前の 18.3バージョン。18.4R2-S9、18.4R3 より前の 18.4バージョン。19.1R2 より前の 19.1バージョン。19.2R1-S1、19.2R2 より前の 19.2バージョン。(CVE-2022-22153)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

JuniperアドバイザリJSA11261に記載されている該当のJunosソフトウェアリリースを適用してください

関連情報

https://kb.juniper.net/JSA11261

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 156689

ファイル名: juniper_jsa11261.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: combined

公開日: 2022/1/12

更新日: 2022/1/24

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2022-22153

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: CVSS2#E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:juniper:junos:*:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/Juniper/model, Host/Juniper/JUNOS/Version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/1/12

脆弱性公開日: 2022/1/12

参照情報

CVE: CVE-2022-22153

JSA: JSA11261