Slackware Linux 14.0 / 14.1 / 14.2 / 最新版 expat の複数の脆弱性 (SSA:2022-016-01)

critical Nessus プラグイン ID 156769

概要

リモートの Slackware Linux ホストに、expat のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされているexpatのバージョンは2.4.3より前のです。したがって、次に記載されている複数の脆弱性の影響を受けます : SSA:2022-016-01 アドバイザリ。

- 2.4.3 以前の Expat (別名: libexpat) では、xmlparse.c の storeAtts 関数で 29 (またはそれ以上) の左シフトを行うと、realloc の挙動がおかしくなります (例: 割り当てバイト数が少なすぎたり、メモリを解放するだけになってしまう)。
(CVE-2021-45960)

- 2.4.3 以前の Expat (別名: libexpat) の xmlparse.c の doProlog で、m_groupSize に整数オーバーフローが存在します。(CVE-2021-46143)

- 2.4.3 以前の Expat (別名: libexpat) の xmlparse.c の addBinding に整数オーバーフローがあります。(CVE-2022-22822)

- 2.4.3 以前の Expat (別名: libexpat) の xmlparse.c の build_model に整数オーバーフローがあります。(CVE-2022-22823)

- 2.4.3 以前の Expat (別名: libexpat) の xmlparse.c の defineAttribute に整数オーバーフローがあります。
(CVE-2022-22824)

- 2.4.3 以前の Expat (別名: libexpat) の xmlparse.c の lookup に整数オーバーフローがあります。(CVE-2022-22825)

- 2.4.3 以前の Expat (別名: libexpat) の xmlparse.c の nextScaffoldPart に整数オーバーフローがあります。
(CVE-2022-22826)

- 2.4.3 以前の Expat (別名: libexpat) の xmlparse.c の storeAtts に整数オーバーフローがあります。(CVE-2022-22827)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

影響を受ける expat パッケージをアップグレードしてください。

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 156769

ファイル名: Slackware_SSA_2022-016-01.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

公開日: 2022/1/16

更新日: 2022/5/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 6.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-45960

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-22824

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:expat, cpe:/o:slackware:slackware_linux, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.0, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.1, cpe:/o:slackware:slackware_linux:14.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Slackware/release, Host/Slackware/packages

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

脆弱性公開日: 2022/1/1

参照情報

CVE: CVE-2021-45960, CVE-2021-46143, CVE-2022-22822, CVE-2022-22823, CVE-2022-22824, CVE-2022-22825, CVE-2022-22826, CVE-2022-22827