openSUSE 15 セキュリティ更新:nodejs12 (openSUSE-SU-2022:0113-1)

high Nessus プラグイン ID 156851

言語:

概要

リモートの SUSE ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートのSUSE Linux SUSE15ホストには、openSUSE-SU-2022:0113-1のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 任意のサブジェクト代替名 (SAN) タイプを受け入れると、PKI が特定の SAN タイプを使用するように明確に定義されていない限り、名前に制約のある中間体がバイパスされる可能性があります。Node.js は、URI SAN タイプを受け入れていました。これは、多くの場合、PKI が使用するように定義されていません。さらに、プロトコルが URI SAN を許可する場合、Node.js は URI と正しく一致しませんでした。 (CVE-2021-44531)

-Node.js は、SAN (Subject Alternative Names) を文字列形式に変換します。この文字列を使用して、接続を検証する際にホスト名に対してピア証明書をチェックします。証明書チェーン内で名前の制約が使用されると、文字列形式が注入の脆弱性の影響を受け、これらの名前の制約がバイパスされる可能性があります。(CVE-2021-44532)

-Node.jsが複数値の相対識別名を適切に処理しませんでした。攻撃者は、たとえば、証明書サブジェクトの検証をバイパスできる Common Name を注入するために、複数値の Relative Distinguished Name として解釈される単一値の Relative Distinguished Name を含む証明書サブジェクトを作成する可能性があります。(CVE-2021-44533)

-console.table () 関数のフォーマットロジックにより、ユーザー制御の入力をプロパティパラメーターに渡すことはできませんが、最初のパラメーターとして少なくとも1つのプロパティを持つプレーンオブジェクトを渡すことは安全ではありません。これは__proto__である可能性があります。 。プロトタイプ汚染は、コントロールが非常に制限されて ori オブジェクトプロトタイプの数値キーに割り当てられる空の文字列のみを許可するという点で、コントロールが非常に制限されています。
(CVE-2022-21824)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

影響を受けるnodejs12、nodejs12-devel、npm12パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.suse.com/1194511

https://bugzilla.suse.com/1194512

https://bugzilla.suse.com/1194513

https://bugzilla.suse.com/1194514

http://www.nessus.org/u?bbb77ccf

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-44531

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-44532

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-44533

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-21824

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 156851

ファイル名: openSUSE-2022-0113-1.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/1/19

更新日: 2022/3/9

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2022-21824

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.4

Temporal Score: 4.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.2

Temporal Score: 7.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:nodejs12, p-cpe:/a:novell:opensuse:nodejs12-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:npm12, cpe:/o:novell:opensuse:15.3

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/1/18

脆弱性公開日: 2022/1/11

参照情報

CVE: CVE-2021-44531, CVE-2021-44532, CVE-2021-44533, CVE-2022-21824

IAVB: 2022-B-0002