Ubuntu 16.04LTS: curlの脆弱性 (USN-5021-2)

medium Nessus プラグイン ID 156918

概要

リモートUbuntuホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの Ubuntu 16.04LTS ホストには、USN-5021-2 のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- libcurlで「CURLOPT_TELNETOPTIONS」として知られる「-t」コマンドラインオプションを使用してvariable=contentペアをTELNETサーバーに送信するとき、curl 7.7〜7.76.1は情報漏洩の影響を受けます。NEW_ENV変数を送信するためのオプションパーサーの欠陥により、libcurlがスタックベースのバッファからの初期化されていないデータをサーバーに渡し、平文ネットワークプロトコルを使用しているサーバーに機密の内部情報が漏洩する可能性があります。 (CVE-2021-22898)

- curlは、libcurlで「CURLOPT_TELNETOPTIONS」として知られる「-t」コマンドラインオプションをサポートします。このまれに使用されるオプションは、variable=contentペアをTELNETサーバーに送信するために使用されます。「NEW_ENV」変数を送信するためのオプションパーサーの欠陥により、libcurlは、スタックベースのバッファからサーバーに初期化されていないデータを渡すようにできます。したがって、クリアテキストのネットワークプロトコルを使用して、機密の内部情報がサーバーに漏洩する可能性があります。これは、アプリケーションによって提供された文字列を解析するときにcurlがsscanf()を正しく呼び出して使用しなかったために発生する可能性があります。 (CVE-2021-22925)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://ubuntu.com/security/notices/USN-5021-2

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 156918

ファイル名: ubuntu_USN-5021-2.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/1/20

更新日: 2022/1/26

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-22925

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 2.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.3

Temporal Score: 4.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:16.04:-:lts, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:curl, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libcurl3, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libcurl3-gnutls, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libcurl3-nss, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libcurl4-gnutls-dev, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libcurl4-nss-dev, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libcurl4-openssl-dev

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/1/20

脆弱性公開日: 2021/5/28

参照情報

CVE: CVE-2021-22898, CVE-2021-22925

USN: 5021-2

IAVA: 2021-A-0437-S, 2021-A-0352