SUSE SLES15セキュリティ更新プログラム:MozillaFirefox (SUSE-SU-2022:0137-1 )

high Nessus プラグイン ID 156926

言語:

概要

リモートの SUSE ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの SUSE Linux SLES15ホストには、SUSE-SU-2022:0137-1のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- Mozilla: XSLTによる iframe サンドボックスバイパス (CVE-2021-4140)

- Mozilla: オーディオファイル再生時の競合状態 (CVE-2022-22737)

- Mozilla: BlendGaussianBlur のヒープバッファオーバーフロー (CVE-2022-22738)

- Mozilla: 外部プロトコルの起動ダイアログにスロットルがない (CVE-2022-22739)

- Mozilla: ChannelEventQueue の Use-After-Free: : mOwner (CVE-2022-22740)

- Mozilla: フルスクリーンモードを使用するブラウザウィンドウの偽装 (CVE-2022-22741)

- Mozilla: 編集モードでテキストを挿入する際の領域外メモリアクセス (CVE-2022-22742)

- フルスクリーンアクセスをリクエストしているときに iframe 内からナビゲートすると、攻撃者が制御するタブにより、ブラウザがフルスクリーンモードを終了できなくなる可能性があります。(CVE-2022-22743)

- DevTools の Copy as curl 機能から構築された curl コマンドが、PowerShell で適切にエスケープされませんでした。これにより、Powershell プロンプトに貼り付けられた場合、コマンドインジェクションが発生する可能性があります。このバグの影響を受けるのは、Windows版のFirefoxのみです。その他のオペレーティングシステムは影響を受けません。(CVE-2022-22744)

- Mozilla: securitypolicyviolation イベントによるクロスオリジン URL の漏えい (CVE-2022-22745)

- 競合状態により、フルスクリーン通知がバイパスされ、フルスクリーンウィンドウのなりすましが気付かれない可能性がありました。このバグの影響を受けるのは、Windows版のThunderbirdのみです。その他のオペレーティングシステムは影響を受けません。(CVE-2022-22746)

- Mozilla: 空の pkcs7 シーケンスを処理する際にクラッシュ (CVE-2022-22747)

- Mozilla: 外部プロトコル起動ダイアログのオリジンが偽装されます (CVE-2022-22748)

- Mozilla: Firefox 96 と Firefox ESR 91.5で修正されたメモリ安全性に関するバグ (CVE-2022-22751)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける MozillaFirefox、MozillaFirefox-devel、MozillaFirefox-translations-common や MozillaFirefox- translations-other パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.suse.com/1194547

https://lists.suse.com/pipermail/sle-updates/2022-January/021405.html

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-4140

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-22737

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-22738

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-22739

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-22740

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-22741

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-22742

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-22743

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-22744

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-22745

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-22746

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-22747

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-22748

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2022-22751

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 156926

ファイル名: suse_SU-2022-0137-1.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/1/21

更新日: 2022/2/21

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2022-22745

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:MozillaFirefox, p-cpe:/a:novell:suse_linux:MozillaFirefox-devel, p-cpe:/a:novell:suse_linux:MozillaFirefox-translations-common, p-cpe:/a:novell:suse_linux:MozillaFirefox-translations-other, cpe:/o:novell:suse_linux:15

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/1/20

脆弱性公開日: 2022/1/11

参照情報

CVE: CVE-2021-4140, CVE-2022-22737, CVE-2022-22738, CVE-2022-22739, CVE-2022-22740, CVE-2022-22741, CVE-2022-22742, CVE-2022-22743, CVE-2022-22744, CVE-2022-22745, CVE-2022-22746, CVE-2022-22747, CVE-2022-22748, CVE-2022-22751

SuSE: SUSE-SU-2022:0137-1

IAVA: 2022-A-0017-S