openSUSE 15 セキュリティ更新:grafana (openSUSE-SU-2022:0140-1)

high Nessus プラグイン ID 156937

言語:

概要

リモートの SUSE ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの SUSE Linux SUSE15ホストには、openSUSE-SU-2022:0140-1のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

-Grafanaは、オープンソースのデータ視覚化プラットフォームです。影響を受けるバージョンでは、認証されていないユーザーおよび認証されたユーザーが、リテラルパスにアクセスすることで、最も低いデータベースキーでスナップショットを表示できます。/dashboard/snapshot/: key、または/api/snapshots/: key。スナップショットpublic_mode構成設定がtrue (デフォルトはfalse) に設定されている場合、認証されていないユーザーは、リテラルパスにアクセスすることで、最も低いデータベースキーでスナップショットを削除できます。/api/snapshots-delete/: deleteKey。スナップショットpublic_modeの設定に関わらず、認証されているユーザーは、リテラルパスにアクセスすることで、最も低いデータベースキーでスナップショットを削除できます。/api/snapshots/: key、または/api/snapshots-delete/: deleteKey。削除と表示の組み合わせにより、すべてのスナップショットデータを完全にウォークスルーすることができますが、スナップショットデータは完全に失われます。この問題はバージョン8.1.6および7.5.11で解決済みです。何らかの理由でアップグレードできない場合は、リバースプロキシなどを使用して、リテラルパスへのアクセスをブロックできます。
/api/snapshots/: key、/api/snapshots-delete/: deleteKey、/dashboard/snapshot/: key、および/api/snapshots/: key。
これらには通常の機能がなく、制度エフェクトなしに無効化できます。(CVE-2021-39226)

- Grafanaは、監視および可観測性のためのオープンソースプラットフォームです。バージョン 8.3.2および 7.5.12より前の Grafana には、完全に小文字または完全に大文字の .md ファイルに対するディレクトリトラバーサルの脆弱性が含まれています。この脆弱性は範囲が限定されており、認証されたユーザーのみが、拡張子が .md のファイルにアクセスできます。Grafana Cloud インスタンスはこの脆弱性の影響を受けていません。ユーザーはパッチを適用したバージョン 8.3.2または 7.5.12にアップグレードする必要があります。アップグレードできないユーザーの場合、リクエストの PATH を正規化する Grafana の前でリバースプロキシを実行すると、この脆弱性が緩和されます。プロキシは、URL エンコードされたパスも処理できる必要があります。または、完全に小文字または完全に大文字の .md ファイルの場合、ユーザーは、インライン化されたプラグインヘルプテキスト以外の機能を失うことなく、/api/plugins/.*/markdown/.* をブロックできます。(CVE-2021-43813)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるgrafanaパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.suse.com/1191454

https://bugzilla.suse.com/1193688

http://www.nessus.org/u?8b1fd9b3

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-39226

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-43813

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 156937

ファイル名: openSUSE-2022-0140-1.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/1/21

更新日: 2022/1/21

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2021-39226

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.3

Temporal Score: 6.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:L

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:grafana, cpe:/o:novell:opensuse:15.3

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/1/20

脆弱性公開日: 2021/10/5

参照情報

CVE: CVE-2021-39226, CVE-2021-43813