Scientific Linux セキュリティ更新: SL7.x i686/x86_64 の java-11-openjdk (2022:0204)

medium Nessus プラグイン ID 157050

概要

リモートのScientific Linuxホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Scientific Linux 7 ホストのパッケージは、SLSA-2022: 0204-1 アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- OpenJDK: ObjectInputStream の不完全な逆シリアル化クラスフィルタリング (シリアル化、8264934) (CVE-2022-21248)

- OpenJDK: TIFFNullDecompressor での TIFF ファイルの不適切な読み取り (ImageIO、8270952) (CVE-2022-21277)

- OpenJDK: XSLT TransformerImpl の不十分な URI チェック (JAXP、8270492) (CVE-2022-21282)

- OpenJDK: 正規表現パターンでスローされる予期しない例外 (Libraries、8268813) (CVE-2022-21283)

- OpenJDK: 書き込み可能なフィールドの不適切なマーキング (Hotspot、8270386) (CVE-2022-21291)

- OpenJDK: 逆シリアル化中の StringBuffer および StringBuilder の不完全なチェック (Libraries、8270392) (CVE-2022-21293)

- OpenJDK: 逆シリアル化中の正しくない IdentityHashMap サイズチェック (Libraries、8270416) (CVE-2022-21294)

- OpenJDK: XMLEntityManager での不適切なアクセスチェック (JAXP、8270498) (CVE-2022-21296)

- OpenJDK: XMLEntityScanner の改行の不適切な処理に関連する無限ループ (JAXP、8270646) (CVE-2022-21299)

- OpenJDK: LIRGenerator での配列インデックス作成の問題 (Hotspot、8272014) (CVE-2022-21305)

- OpenJDK: JAR マニフェスト属性を読み取る際の過剰なリソース使用 (Libraries、8272026) (CVE-2022-21340)

- OpenJDK: ObjectInputStream で例外を逆シリアル化する際の不十分なチェック (シリアル化、8272236) (CVE-2022-21341)

- OpenJDK: BMPImageReader での過剰なメモリ割り当て (ImageIO、8273756) (CVE-2022-21360)

- OpenJDK: BMPImageReader での整数オーバーフロー (ImageIO、8273838) (CVE-2022-21365)

- OpenJDK: TIFF * Decompressor での過剰なメモリ割り当て (ImageIO、8274096) (CVE-2022-21366)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://www.scientificlinux.org/category/sl-errata/slsa-20220204-1

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 157050

ファイル名: sl_20220124_java_11_openjdk_on_SL7_x.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/1/24

更新日: 2022/4/27

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 2.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-21291

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.3

Temporal Score: 4.6

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:fermilab:scientific_linux, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:java-11-openjdk, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:java-11-openjdk-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:java-11-openjdk-demo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:java-11-openjdk-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:java-11-openjdk-headless, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:java-11-openjdk-javadoc, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:java-11-openjdk-javadoc-zip, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:java-11-openjdk-jmods, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:java-11-openjdk-src, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:java-11-openjdk-static-libs

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/1/24

脆弱性公開日: 2022/1/18

参照情報

CVE: CVE-2022-21248, CVE-2022-21277, CVE-2022-21282, CVE-2022-21283, CVE-2022-21291, CVE-2022-21293, CVE-2022-21294, CVE-2022-21296, CVE-2022-21299, CVE-2022-21305, CVE-2022-21340, CVE-2022-21341, CVE-2022-21360, CVE-2022-21365, CVE-2022-21366

IAVA: 2022-A-0031-S

RHSA: RHSA-2022:0204