macOS 10.15.x < Catalinaのセキュリティ更新2022-001(HT213056)

high Nessus プラグイン ID 157181

概要

リモートホストに、複数の脆弱性を修正する macOS または Mac OS X のセキュリティ更新プログラム、または追加アップデートがありません。

説明

リモートホストは、Catalina セキュリティ更新 2022-001 Catalina より前の 0.0.x である macOS / Mac OS X のバージョンを実行しています。したがって、以下の複数の脆弱性による影響を受けます。

- 制限が改善され、ロジックの問題が対処されました。この問題は、macOS Monterey 12.1、watchOS 8.3、iOS 15.2 および iPadOS 15.2、macOS Big Sur 11.6.2 で修正されています。悪意のあるアプリケーションが、特定のプライバシー設定をバイパスできる可能性があります。(CVE-2021-30946)

- バッファオーバーフローの問題が、メモリ処理を改善することで対処されました。悪意のあるアプリケーションがカーネル権限で任意のコードを実行できる可能性があります。(CVE-2022-22593)

- 状態管理を改善することで、情報漏洩の問題に対処しました。悪意を持って細工された STL ファイルを処理すると、予期しないアプリケーション終了または任意のコード実行が引き起こされる能性があります。(CVE-2022-22579)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにオペレーティングシステムが自己報告するバージョン番号にのみ頼っています。

ソリューション

macOS Catalina セキュリティ更新 2022-001 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://support.apple.com/en-us/HT213056

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 157181

ファイル名: macos_HT213056.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: macosx

公開日: 2022/1/28

更新日: 2022/4/26

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-22593

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:apple:mac_os_x, cpe:/o:apple:macos

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/1/26

脆弱性公開日: 2022/1/26

参照情報

CVE: CVE-2021-30946, CVE-2021-30972, CVE-2022-22579, CVE-2022-22583, CVE-2022-22593

APPLE-SA: HT213056

IAVA: 2022-A-0051-S