OpenSSL 1.1.1 < 1.1.1m の脆弱性

medium Nessus プラグイン ID 157228

概要

リモートサービスは脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている OpenSSL は、1.1.1m より前のバージョンです。したがって、1.1.1m のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- MIPS32 および MIPS64 二乗プロシージャにキャリー伝播のバグがあります。TLS 1.3 のデフォルト曲線を含む、多くの EC アルゴリズムが影響を受けます。攻撃の前提条件はほとんどないと考えられ、秘密鍵の再利用が含まれるため、影響は詳細に分析されていませんでした。分析によれば、この欠陥の結果を使用してRSAとDSAに対する攻撃を実行するのは非常に難しく、その可能性は低いと考えられます。DHに対する攻撃は、秘密鍵に関する情報の推測に必要な作業のほとんどがオフラインで実行される可能性があるため、(実行は非常に困難ではあるものの)可能であると考えられます。そのような攻撃に必要なリソースの量は莫大です。ただし、TLS に対する攻撃が意味をなすためには、サーバーが複数のクライアント間で DH 秘密鍵を共有する必要があります。これは CVE-2016-0701 以降ではできなくなりました。OpenSSL バージョン 1.0.2、1.1.1 および 3.0.0 は、この問題の影響を受けます。これは、2021 年 12 月 15 日の 1.1.1m および 3.0.1 のリリースで対処されました。1.0.2 リリースでは、プレミアムサポートのお客様のみが利用できる git commit 6fc1aaaf3 で対処されています。1.0.2zc のリリース時に利用可能になります。この問題の影響を受けるのは、MIPS プラットフォームの OpenSSL のみです。OpenSSL 1.1.1m で修正されました (1.1.1-1.1.1l が影響を受けました)。(CVE-2021-4160)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

OpenSSLバージョン1.1.1m以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?a8e0061e

https://www.openssl.org/news/secadv/20220128.txt

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 157228

ファイル名: openssl_1_1_1m.nasl

バージョン: 1.2

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2022/1/28

更新日: 2022/1/28

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-4160

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.9

Temporal Score: 5.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:openssl:openssl

必要な KB アイテム: openssl/port

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/1/28

脆弱性公開日: 2022/1/28

参照情報

CVE: CVE-2021-4160