SUSE SLES12 セキュリティ更新プログラム: kernel (SLE 12 SP3 用の Live Patch 40) (SUSE-SU-2022:0328-1)

high Nessus プラグイン ID 157396

Language:

概要

リモートの SUSE ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

リモートの SUSE Linux SLES12 / SLES_SAP12 ホストには、SUSE-SU-2022:0328-1 のアドバイザリに記載された複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

- 4.17より前の Linux カーネルの BPF サブシステムは、内部の命令が複数の BPF 命令への大幅な拡張を必要とする命令シーケンスでの長いジャンプがある状況を不適切に処理しており、オーバーフローを引き起こしていました。これは、kernel/bpf/core.c および net/core/filter.c に影響します。
(CVE-2018-25020)

- バージョン 21.10 より前の Intel(R) PROSet/Wireless WiFi ソフトウェアドライバーの不十分なアクセスコントロールにより、認証されていないユーザーが、隣接するアクセスを介してサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2019-0136)

- 特定のタイミングで細工されたトラフィックにより、WLAN デバイスで内部エラーが発生し、不適切なレイヤー 2 Wi-Fi 暗号化が発生する可能性があります。これにより、Snapdragon Auto、Snapdragon Compute、Snapdragon Connectivity、Snapdragon コンシューマー IOT、Snapdragon 産業 IOT、Snapdragon Mobile、Snapdragon ボイス&ミュージック、Snapdragon ウェアラブル、Snapdragon 有線インフラおよびネットワーキング APQ8053、IPQ4019、IPQ8064、MSM8909W、MSM8996AU、QCA9531、QCN5502、QCS405、SDX20、SM6150、SM7150 のディスクリートトラフィックで情報漏洩が起きる可能性があります。(CVE-2020-3702)

- Linux カーネルの FireDTV メディアカードドライバーに、ユーザーが CA_SEND_MSG ioctl を呼び出すヒープベースのバッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。この欠陥により、ホストのマシンのローカル ユーザーがシステムをクラッシュさせたり、システム上で権限を昇格させたりする可能性があります。この脆弱性が最大の脅威となるのは、機密性と整合性、ならびにシステムの可用性です。(CVE-2021-42739)

Nessus はこれらの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける kgraft-patch-4_4_180-94_147-default パッケージを更新してください。

参考資料

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2018-25020

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2019-0136

https://bugzilla.suse.com/1191529

https://bugzilla.suse.com/1192036

https://bugzilla.suse.com/1193161

https://bugzilla.suse.com/1193863

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2020-3702

https://www.suse.com/security/cve/CVE-2021-42739

http://www.nessus.org/u?d60657b5

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 157396

ファイル名: suse_SU-2022-0328-1.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/2/5

更新日: 2023/7/13

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.4

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2021-42739

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2018-25020

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:kgraft-patch-4_4_180-94_147-default, cpe:/o:novell:suse_linux:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/2/4

脆弱性公開日: 2019/6/11

参照情報

CVE: CVE-2018-25020, CVE-2019-0136, CVE-2020-3702, CVE-2021-42739

SuSE: SUSE-SU-2022:0328-1