SAP NetWeaver AS Java の複数の脆弱性 (ICMAD)

critical Nessus プラグイン ID 157847

概要

リモートの SAP NetWeaver アプリケーションサーバーは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

SAP NetWeaver Application Server Java は、HTTP リクエストスマグリングに対して脆弱です。

- 認証されていない攻撃者が、細工された HTTP サーバーリクエストを送信し、不適切な共有メモリバッファ処理を引き起こす可能性があります。これにより、悪意のあるペイロードが実行され、被害者になりすましたり、被害者のログオンセッションを盗む可能性のある関数が実行される可能性があります。(CVE-2022-22532)

- エラー処理が不適切なため、攻撃者が複数の HTTP サーバーリクエストを送信し、メモリバッファを消費するようなエラーを引き起こす可能性があります。これにより、システムがシャットダウンし、システムが利用できなくなる可能性があります。
(CVE-2022-22533)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

ベンダーのアドバイザリにしたがって適切なパッチを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?f0c19cc7

https://launchpad.support.sap.com/#/notes/3123427

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 157847

ファイル名: sap_netweaver_as_java_3123427.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2022/2/9

更新日: 2022/2/15

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-22532

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:sap:netweaver_application_server

必要な KB アイテム: installed_sw/SAP Netweaver Application Server (AS), Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/2/8

脆弱性公開日: 2022/2/8

参照情報

CVE: CVE-2022-22532, CVE-2022-22533

IAVA: 2022-A-0063