Slackware Linux 15.0/ 最新版 mariadb の複数の脆弱性 (SSA:2022-044-01)

medium Nessus プラグイン ID 158034

概要

リモートの Slackware Linux ホストに、mariadb のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートホストにインストールされている mariadb のバージョンは、10.5.15 / 10.6.7より前です。したがって、次に記載されている複数の脆弱性の影響を受けます : SSA:2022-044-01 のアドバイザリに記載されている脆弱性の影響を受けます。

- 10.5.9までの MariaDB により、未使用の共通テーブル式 (CTE) を介して、find_field_in_tables および find_order_in_list でアプリケーションがクラッシュする可能性があります。(CVE-2021-46661)

-MariaDB 10.5.13まででは、ha_maria: : 特定の SELECT ステートメントによる追加のアプリケーションクラッシュが可能です。
(CVE-2021-46663)

- 10.5.9までの MariaDB により、aggg の NULL 値に対して sub_select_postjoin_aggr でアプリケーションがクラッシュする可能性があります。
(CVE-2021-46664)

- MariaDB 10.5.9まででは、used_tables の予期しない結果により、sql_parse.cc アプリケーションがクラッシュする可能性があります。(CVE-2021-46665)

- 10.5.9までの MariaDB では、一時データ構造のストレージエンジンリソース制限と不適切に相互作用する特定の長い SELECT DISTINCT ステートメントを介して、アプリケーションがクラッシュする可能性があります。
(CVE-2021-46668)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受ける mariadb パッケージをアップグレードしてください。

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 158034

ファイル名: Slackware_SSA_2022-044-01.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

公開日: 2022/2/13

更新日: 2022/3/8

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.1

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 2.1

Temporal Score: 1.6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2021-46668

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

Temporal Score: 4.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:slackware:slackware_linux:mariadb, cpe:/o:slackware:slackware_linux, cpe:/o:slackware:slackware_linux:15.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Slackware/release, Host/Slackware/packages

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

脆弱性公開日: 2022/2/1

参照情報

CVE: CVE-2021-46661, CVE-2021-46663, CVE-2021-46664, CVE-2021-46665, CVE-2021-46668