SAP NetWeaver AS ABAP の複数の脆弱性 (2022 年 2 月)

high Nessus プラグイン ID 158042

概要

リモートの SAP NetWeaver ABAP サーバーは、複数の脆弱性の影響を受ける可能性があります。

説明

SAP NetWeaver Application Server ABAPに、以下を含む複数の脆弱性が存在する可能性があります。

- SAP Netweaver AS - バージョン700、701、702、710、711、730、740、750、751、752、753、754、755、756 - にクロスサイトスクリプティングの脆弱性があり、認証されていない攻撃者がコードを注入し、機密データが漏洩する可能性があります。 (CVE-2022-22534)

- SAP NetWeaver AS ABAP (Workplace Server) - バージョン 700、701、702、731、740 750、751、752、753、754、755、756、787 - には、SQL インジェクションの脆弱性が含まれており、攻撃者が細工されたデータベースクエリを実行し、バックエンドデータベースが漏洩する可能性があります。(CVE-2022-22540)

- SAP NetWeaver AS ABAP - バージョン 700、701、702、710、711、730、731、740、750、751、752、753、754、755、756 - には、情報漏えいの脆弱性があり、認証された攻撃者が http 呼び出しの宛先に保存された接続情報を読み取る可能性があります。(CVE-2022-22545)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

ベンダーのアドバイザリにしたがって適切なパッチを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?8c6b4819

https://launchpad.support.sap.com/#/notes/3124994

https://launchpad.support.sap.com/#/notes/3140587

https://launchpad.support.sap.com/#/notes/3128473

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 158042

ファイル名: sap_netweaver_as_abap_feb_2022.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2022/2/14

更新日: 2022/6/20

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-22540

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:sap:netweaver_application_server

必要な KB アイテム: installed_sw/SAP Netweaver Application Server (AS), Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/2/8

脆弱性公開日: 2022/2/8

参照情報

CVE: CVE-2022-22534, CVE-2022-22540, CVE-2022-22545

IAVA: 2022-A-0063, 2022-A-0104, 2022-A-0192-S