Scientific Linux セキュリティ更新: SL7.x x86_64 の thunderbird (2022:0538)

critical Nessus プラグイン ID 158079

概要

リモートの Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートの Scientific Linux 7 ホストのパッケージは、SLSA-2022: 0538-1 アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けます。

- Mozilla: 拡張により、更新中に権限の確認がバイパスされる可能性がありました (CVE-2022-22754)

- Mozilla: Firefox 97 と Firefox ESR 91.6 で修正されたメモリ安全性に関するバグ (CVE-2022-22764)

- Mozilla: 画像をドラッグアンドドロップすると、ドロップされたオブジェクトが実行可能ファイルになる可能性がありました (CVE-2022-22756)

- Mozilla: 親が要素を追加した場合、サンドボックス化された iframe がスクリプトを実行する可能性がありました (CVE-2022-22759)

- Mozilla: クロスオリジン応答が、スクリプトコンテンツタイプと非スクリプトコンテンツタイプを区別する可能性があります (CVE-2022-22760)

- Mozilla: frame-ancestors Content Security Policy ディレクティブが、フレーム化された拡張ページに対して実施されていませんでした (CVE-2022-22761)

- Mozilla: 無効なオブジェクト状態でのスクリプトの実行 (CVE-2022-22763)

Nessus はこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションが自己報告するバージョン番号にのみ頼っていることに注意してください。

ソリューション

影響を受ける thunderbird パッケージや thunderbird-debuginfo パッケージを更新してください。

関連情報

https://www.scientificlinux.org/category/sl-errata/slsa-20220538-1

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 158079

ファイル名: sl_20220215_thunderbird_on_SL7_x.nasl

バージョン: 1.3

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2022/2/15

更新日: 2022/5/6

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2022-22764

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 8.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:fermilab:scientific_linux, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:thunderbird, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:thunderbird-debuginfo

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2022/2/15

脆弱性公開日: 2022/2/8

参照情報

CVE: CVE-2022-22754, CVE-2022-22756, CVE-2022-22759, CVE-2022-22760, CVE-2022-22761, CVE-2022-22763, CVE-2022-22764

IAVA: 2022-A-0079-S

RHSA: RHSA-2022:0538